小竜景光

小龍景光(こりゅうかげみつ)  

太刀
表銘 備前国長船住景光
裏銘 元享二年五月日
号 小龍景光
刃長74cm、反り2.9cm、元幅2.9cm、先幅2.1cm、鋒の長さ4.5cm。
国宝
東京国立博物館所蔵

  • 備前長船派刀工景光の作
  • 景光は、光忠に始まる備前(岡山県東南部)長船(おさふね)派の三代目を継いだ名工で、鎌倉時代末期に活躍した。
  • 鎬造、庵棟、腰反り、踏張り残る。帽子小丸、僅かに尖りごころがある。
  • 表裏に丸止の棒樋を掻き、樋中表腰に寸の詰まった倶利迦羅、裏同じく梵字の陽刻が彫られている。
  • なかご磨上げ、先栗尻、鑢勝手下がり。目釘孔3個、表なかご先に「備前国長船住景光」と長銘、裏棟寄り年紀銘が入る。

由来  

  • はばきもとに精緻な倶梨伽羅竜の彫り物があることからこの名がついた。
  • また元は二尺七寸ほどあったものが、磨上(刀の茎を切りつめて全長を短くする加工)されているために倶利伽藍竜が柄に隠れてしまい、僅かに竜の頭だけが顔を出していることから、「のぞき龍景光」とも呼ばれている。
  • 楠木正成の佩刀であったと伝えられていることから「楠公景光」、「楠籠龍ノ太刀」の異名もある。

来歴  

  • 山田浅右衛門家の記録では、中納言藤房(万里小路藤房)から楠木正成に譲られたもので、その後豊臣秀吉のものとなり徳川家康に与えたというが、他には記録がない。
    楠木正成所持で、なおかつ秀吉から家康に伝わったという華麗な伝来であるにも関わらず、これより前の享保名物帳集古十種にも載っていないため河内の農家以前の伝来は怪しい。
  • 江戸末期、河内の農家にあったものを刀屋が見つけ出し本阿弥家に鑑定に出すが、本阿弥ではこれを偽物として折紙を出さなかった。
  • その後幕府の代官中村覚太夫(八太夫)が買い取った。中村覚太夫の死後、弘化3年(1846年)に網屋という刀屋がこれを買い取り長州毛利家に売るが、毛利家では本阿弥家で折紙を出さなかったという話を聞き返却された。
  • のち山田浅右衛門吉昌が、土佐藩と張合った末に当時の貨幣で五万両を出し買い上げたという。
  • 弘化4年(1847年)浅右衛門の義兄弟三輪徳蔵を召し抱えるという条件で、大老井伊直亮に召し上げられる。

    丙午三月十日、網屋惣之助持参、彦根様江上ル也

    • この近くでの丙午は弘化3年(1846年)であり、その年の3月10日に網屋が山田浅右衛門家に売ったことになる。
  • 嗣子の井伊直弼が安政7年(1860年)3月3日に桜田門外の変で倒れると、三輪徳蔵は解雇され刀も山田家に返却された。
  • 明治6年(1873年)4月、山田浅右衛門から当時東京府知事であった大久保一翁を通じて宮内省に献上され明治天皇の佩刀(御物)となった。明治天皇はこの名刀を気に入られサーベル拵をつけ常に佩用されたという。
    • 山岡鉄舟が買い取り献上したともいう。

模造刀  

  • 山田浅右衛門の元にあった時に、二度写しが作られている。

    楠正成所持効景光作 備前介宗次/弘化四年二月日 彫宗寛

    文久二年五月 応山田吉年好 備前介宗次写之

    • 弘化4年は1847年、文久2年は1862年。1口目は井伊家に渡る前であり、2口目は井伊家より戻ってきた後である。ともに固山宗次