小狐丸

小狐丸(こぎつねまる)  

能の「小鍛冶」に歌われる伝説の剣

  • それによると、第66代一条帝がある夜、夢で三条宗近に剣を打たせよとのお告げを受けたという。直ちに橘道成を使者に立て、勅命を三条小鍛冶宗近に伝えた。
  • 帝の守り刀という重大な仕事に対して、仕事に見合った相槌を振るう弟子がいないためいったんは断ろうとしたのだが、家向かいになる合槌稲荷神社(正一位合槌稲荷大明神)に一生一代の大仕事の大成を祈願し、満願に近い夜に、稲荷明神の狐が化身した男が現れ共鎚(合槌)を振り、打ち上げた刀という展開となっている。
    能「小鍛冶」の内容については、滋賀県立大学能楽部の能楽「小鍛冶」で非常にわかりやすく解説されている。
Table of Contents


同名の刀  

  • 能にも謡われた伝説の名刀であるが、同名の刀が複数伝わっている。
    1. 摂関家伝来儀仗太刀「小狐」作者不明 ※春嶽の話しによれば明治後は宗近作。
    2. 春日明神社「小狐丸影」宗近銘 ※のち春嶽取次により九条家に買い戻されるもの。
    3. 信西入道「小狐丸」三条小鍛冶宗近作?
    4. 石上神宮「小狐丸」古備前「義憲作」銘 (現存)
    5. 石切剣箭神社「小狐丸」が伝わる (現存)
    6. 甲斐武田氏(今井氏)「江草子狐」
  • このうち現存する2刀(石上神宮「義憲作」、石切剣箭神社「小狐丸」)と、複数の公卿日記に記録される摂関家の「小狐」の実在は間違いない。
  • 「小狐丸影」については、怪しい点があったが、明治10年に九条家に買い戻された経緯が確かに確認できる。由来はどうあれ、明治期にはこれが九条家の小狐丸となった。
  • 保元物語における信西入道の「小狐丸」佩用伝説は、能「小鍛冶」の影響を受けたものという指摘がなされている。
  • むろん能「小鍛治」(室町時代中期成立)よりも先に摂関家の相伝がある。すでに1200年頃には、藤原摂関家相伝の儀仗刀と一条帝勅命の守刀の伝承が混合していたものと思われる。


九条家伝来「小狐」  

  • 直衣始や春日詣のときに帯する藤原摂関家相伝の儀仗用太刀。誰の作刀によるものかは不明。
    能「小鍛冶」では一条帝より依頼を受けた皇室の守刀のはずが、ここでは藤原摂関家の儀仗用太刀として登場する。
  • 初見は藤原忠通のもので、その後の公家日記にも登場する。
  1. 「殿暦」 元永元年(1118年)10月26日条 【藤原忠通】

    野剣、九条殿、世人云小狐、無文帯、笏等用之

  2. 「台記別記」「知信記」長承4年(1135年)2月8日条

    御剣一腰納錦袋 小狐歟

  3. 「台記」保延二年(1136年)12月18日条 【藤原頼長】

    白衣二 帯剣 正笏 剣は小狐也

  4. 「兵範記」仁平2年(1152年)正月19日条 【藤原師長】

    白単帯野剱 小狐

  5. 「台記別記」「兵範記」仁平3年(1153年)11月26日条

    不帯剱不執笏 但野剱小狐
    衣冠出掛令帯小狐云々

  6. 「宇槐記抄」仁平3年閏12月28日条 【藤原兼長】

    紅打出衣、帯野剣、小狐

  7. 「台記」久寿元年(1154年)11月25日条【藤原師長】

    紅打出衣、帯野剣、小狐

  8. 「玉葉」文治4年(1188年)正月27日条【九条兼実】

    出紅打衣(但不入綿)帯海浦野劒、件劒自故殿所賜也、先例必用小狐、当時在前摂政(近衛基通)家、仍勿論又持笏

  9. 「猪隈関白記」建久8年(1197年)2月7日条【近衛家実】

    紅単衣、紅下袴、着野剣、〈小狐、〉取笏
    建久9年正月28日、正治元年7月4日、正治2年2月3日、建永元年11月5日

  10. 建久9年(1198年)1月28日

    紅出打衣也、帯野剣〈小狐、〉持笏

  11. 正治元年(1199年)7月4日

    帯野剣【件剣小狐也】持笏

  12. 正治2年(1200年)2月3日

    着野剣、件剣小狐也、持笏

  13. 建永元年(1206年)11月5日

    着野剣、革緒也、件剣小狐也、無文帯、持笏

  14. 「岡屋関白記」嘉禄元年(1225年)正月27日条【近衛基通】

    委細見御記、帯剣、其名号小狐、慶笏也

  15. 「民経記」寛喜3年(1231年)5月20日条

    伝聞、今日右大臣殿御直衣始云々、依先例無御参内、唯御参鷹司院云々、御直衣、〈御笏、御剣、【小狐、】〉

  16. 「後照念院装束抄」卷第百十五 装束部四【鷹司冬平】(紛失)

    螺鈿野帯野劒事。
    行幸時四位将用之。五位入尻鞘。遠所行幸時。大将并公卿将或用之。蒔絵野劒。執聟之時被用。是又紛失。仰小狐事。

  17. 「後愚昧記」応安三年(1370年)8月15日条 【九条経教】

    應安三年八月十五日、今日未終雷雨、後聞、雷落九条前関白(九条経教)亭二階 (略) 後聞前関白白抜太刀<名小狐、名誉物也>、打払雷公云々 (略)

  • 醍醐天皇のころ、菅原道真の祟りで京に稲妻が落ちた際、宮中に一匹の白狐が現れて授けた刀という。
  • また南北朝のころ、九条経教が外出中に稲妻が落ちてきたときに、腰に差していた小狐丸を抜き払うことで稲妻の軌道を変え、経教は助かったという。(後愚昧記)
  • 天正のころも九条家に相伝。
  • 当時二条昭実と近衛信輔の間で、関白の地位を巡る争い(関白相論)が起こっており、結果的に漁夫の利を得る形で秀吉は近衛家の猶子となり関白に就任する。この時に反対の声を上げたのが九条稙通で、そこで九条家と近衛家との間で藤氏嫡流の争論が起こってしまう。ここで九条家は次の三宝が九条家に伝わっていることから正当性を論じた。

    天子にハ三種の神器有、臣家にハ三宝あり、三宝と申ハ、一には大織冠の御影、二は恵亮和尚のあそハされし紺紙金泥の法華経、三には小狐の太刀なり、此小狐の太刀と申ハ、菅丞相百千の雷となり朝廷をうらみ奉り、本院の時平公を殺し、畫夜雨風やます、(略)この三宝当家に今に所持するところなり(稙通公記別記)

    • この「小狐の太刀」というのが摂関家に伝わっていた子狐丸であり、それが伝来していることで正当性を証明するという主張である。
  • 藤原北家御堂流~九条家が相伝していたが、鎌倉頃に行方不明となる。


明治期に買い戻した話  

  • すでに鎌倉頃には九条家から失われて、代わりに打たせたものを使っていたという。明治維新の後、松平春嶽(16代越前福井藩主)の手を介し、元の「小狐丸」を安波賀(あばか)春日神社の神主吉田氏から買い戻したという。この間の詳しい話は松平春嶽の「眞雪草紙(みゆきぞうし)」の小狐丸刀の項に書かれている。
  • それによれば、九条家では鎌倉より前のころ二人兄弟がおり、兄が病を得て盲となったために弟に家督を継がしめた。それを不満とした兄の子が小狐丸を盗み出奔したため、仕方なく名人に打たせたもので代用したという。

    昔鎌倉以前歟、私先祖ニ子二人あり。尤男也。男子二人の内、兄の方病身にて瞽に相成候故、次男へ九条家を相続為致候を、兄も甚不平にして、兄の子あり親ノ為ニ是も不平にて、(略)いさ伯父の留守を見込、兄ノ子小狐丸を盗テ逃走すと。仍之九条家ニ於、不得止新ニ名人ニ命シ、小狐丸を為打、今ニ所持せり。

  • また春日神社の神主吉田家の伝来では、この刀は江戸で安価にて買い求めたもので、元は公家で所有していたものだという。

    以前安波賀社へ参詣の節、神主吉田氏ニ承候処ニてハ、吉田氏の祖先、江戸にて安價にて買求メ候由。尤以前ハ公家の所有なりと申伝へ候云々相噺。

  • 幕末になり、神主吉田運吉氏の家に代々所持していた「小狐丸」を春嶽自身が実見する。その後、春嶽は明治10年(1877年)西南戦争の際に、京都御所で九条道孝(最後の藤氏長者。奥羽鎮撫総督。昭和天皇の外祖父)と話す機会があったので、「小狐丸」のことを話題に出したという。

    明治十年丁丑 主上畝火山御参詣、又孝明天皇陵へ御参拝、西南の役西郷隆盛動乱の節、西京へ御駐輦中、慶永も供奉して西京に滞留、九条公(道孝)も同じく西京滞在中、日々参 内、於宮中春嶽公へ申入候、越前安波賀の社に小狐丸といふ名刀有之候趣承り居候、只今も保存して有之候哉、尋問被致。余九条公へ私も毎度一見いたし承知仕居候。只今に所持有之候と相噺。

  • すると九条道孝はぜひそれを買い戻させて欲しいということになり、神主吉田氏も当時困窮していたこともあって金百圓での売買が行われ、小狐丸は九条家に戻ったという。

    金子ニて御買求メの儀ニ候ハゞ御世話可申上と相約シ、其後家令武田正規へも談し、吉田氏へ掛合、当時吉田氏も大ニ零落の體故、永世伝来と申譯にも至兼可申間、九条公へ献上し、九条公より金子頂戴にて、田地等買求候ハゞ、双方に為と段々説得し、吉田氏も致承知、終ニ小狐丸刀ヲ吉田氏より九条家へ呈上し、従九条家金百圓ヲ被下、全く小狐丸ハもとの九条家へ復したり。

  • 春嶽自身が実見し取次をした話となっている。また公家日記を見ても、寛喜3年(1231年)当たりまでは当主が佩いた記事があるが、その後は曖昧になっている。おそらくこの前後に「小狐丸を盗テ逃走す」事件があったものと思われる。
  • さらにこの話では、享保の吉宗の時代に見つかった「小狐丸影」の由来、吉宗台覧後の消息までが説明できる。
    「九条」家は藤原忠通の長女皇嘉門院聖子が、異母弟であり猶子にしていた兼実に彼女の里第である九条邸を譲ったのが始まりであり、鎌倉までに結果的に長子相続とならなかったのは22歳で急死した九条良通だけである。ただし良通は20歳にして内大臣兼左近衛大将に上がっており、上記逸話とは矛盾する。良通が突然死であったことは、それまで「臨終出家」が主流であった公家社会において、文献上で確認できる「死後出家」が行われた最初の人物であることでもわかる。以後、死後に戒名を得て葬られることが一般化していく。


  • なおこの話に登場する「家令武田正規」氏とは、もと岐阜県に出仕していた人物で、のち越前松平家の家令となった人物。
  • 福井県のまとめた資料においても上記取次が確認できる。

    (明治10年)十二月六日越前国安波賀春日神社社掌吉田常吉、先祖より伝来之太刀一振小狐丸九条道孝殿往古御所持之処、紛失有之所在不分明、然ルニ今般吉田常吉所持之旨正二位様御承知ニ相成、御懇請ニ付、則正二位様常吉御示諭之上、御家従沢木禄平帰県之際受取来候ニ付、本日御家令武田正規御使者ニ而、左之御書面御添御渡相成候

    松平春嶽(慶永)からの書状
    越前国安波賀春日神社神主吉田常吉、祖先伝来小狐丸太刀壱振、享保中ヨリ有事故影ト称御懇請ニ付、拙者常吉江示談候処、今般廻送候間差出候、御落手可被下候也
     明治十年十二月六日    正二位松平慶永御印
      従一位九条道孝殿

    九条道孝からの返書
    九条殿御答書
    越前国安波賀春日神社神主吉田常吉、先祖伝来小狐丸太刀一振者、拙家往昔ヨリ因縁之次第有之、懇望仕居候儀内情御依頼申述候処、格別之御懇篤之御取斗ヲ以、同氏ニ御示談相成、迅速御廻送之条、深重辱次第ニ御座候、永々当家之宝剣無疑念、大慶此事ニ存候、厚奉謝度御請書如斯御座候也
     明治十年十二月十三日   従一位九条道孝御印
      正二位松平慶永殿

    • 明治10年(1877年)12月6日に春嶽より廻送し、12月13日には九条家より迅速に取次をしてくれたことへの丁寧な礼状が届いている。

春日明神社「小狐丸影」  

太刀
銘 宗近
鞘書「小狐丸影」
刃長二尺二寸二分余

  • 刃紋直刃

享保4年の調査  

  • 天下に名高い摂関家の「小狐丸」は、鎌倉期にはすでに失われており、一説に建仁寺の大統院にあったがさらに紛失したともいう。
  • 徳川吉宗の治世に、小狐丸が越前にあるという風聞を耳にした幕府は、享保4年(1719年)2月、老中久世大和守重之より越前福井藩に対して調査を命じている。元は九条家の依頼であるともいう。

    堂上方より元所持の小狐丸、当時越前春日社ニ有之候趣ゆへ、御尋有之候様、徳川家へ依頼の由、不得止寺社奉行ヨリ尋有之候事に相成候由

  • その結果、同年3月越前足羽郡安波賀村、春日明神社において二尺二分余りの宗近銘で、棒鞘に「小狐丸影」と書かれた刀が見つかったという。影というのは影打ちを指し、何らかの関係があるとされた。
    影打ち(陰打ち)とは、特に大事な依頼を受けた際に複数打ち(製作し)、その中で一番出来の良い物を”真打ち”として依頼主に納め、手元に残したものを”影打ち”と呼んだ。通常、影打ちには銘を入れない。陰、影、控え打ち
  • 長は諸説あり。刀剣談では二尺二寸七分余り

    太刀銘にて拵えはなく棒鞘である、此神主は吉田日向守と云ふ者だが、其家にも何の頃よりか当社にあるとも知らぬ由、刀の長二尺二寸七分余二字銘にて宗近、但鞘の上に小狐丸影と記してある

  • なお、下記の春嶽の「眞雪草紙(みゆきぞうし)」によれば、寺社奉行からもたとえ正真の小狐丸であっても「小狐丸影」とせよとの内々の指示があったという。

    乍ら内々寺社奉行よりも、たとひ眞の子狐丸にもせよ、小狐丸影と認、書付差出候様諭示有之候趣之

    • 享保4年の寺社奉行は牧野因幡守英成
  • 吉宗は、この「小狐丸影」を江戸に取り寄せ同年4月直に実見するが、その後越前に戻している。

明治10年九条家へ譲渡  

  • 松平春嶽が「眞雪草紙(みゆきぞうし)」の小狐丸刀の項に書いた話しによれば、この「小狐丸影」は元々九条家に伝来したものとなる。鎌倉より前に九条家から失われ、江戸で神主吉田氏の祖先が購入したものが伝来、その後明治10年に九条家に買い戻されている。
  • 詳細は上記九条家伝来「小狐」参照

伝来の整理  

  • 九条道孝および神主吉田氏の話がすべて正しいと仮定して伝来を整理すると、次のようになる。
    1. 元永元年(1118年)ころより藤原北家嫡流に伝来
    2. 鎌倉より前に紛失(盗難)
    3. 江戸時代に神主吉田氏祖先が購入
    4. 享保「小狐丸影」として吉宗台覧
    5. 明治10年、松平春嶽取次で九条家買い戻し


少納言信西入道  

  • 平安時代末の保元の乱を描いた物語に登場する。信西は、乱の密議をした際に「家ニ伝タル子狐ト云ムク鞘ノ太刀ヲ帯」びていたとされる。※保元物語は1220年ごろの成立とみられる(諸説あり)。

    少納言入道(藤原信西)ハ、薄墨染ノ直垂ニ小狐ト云太刀ハキタリ(半井本)

    少納言入道信西、……袖すこしき浄衣に、家につたひたる、小狐といふ木工ざやの太刀を帯たりける。(金毘羅本)

    主上三條殿に行幸南殿へ出御公卿僉議あつて藤原信西末座に候ず薄墨色の直垂に家に伝へたる子狐という太刀を帯び御前の簀子に候て源義朝を召す

    "家"がどれを指すのかが不明だが、信西は藤原南家貞嗣流の生まれであり、この「子狐」が実家藤原南家、または養子に入った高階氏に伝わったものならば、摂関家の子狐とは別物ということになる。

  • 「本朝鍛冶考」では、少納言入道信西(藤原通憲、藤原南家貞嗣流藤原実兼の子)が愛用していた名剣「小狐丸」が宗近の作とする。

    宗近一條宇、永延三条小鍛冶と号す、少納言入道信西、蝉丸或は小狐丸とも、則ち此の作也


石上神宮所蔵  

太刀
銘 義憲作
号 小狐丸(こぎつねまる)
刃長二尺六寸一分(79.1cm)、反り八分三厘(2.5cm)
奈良県指定文化財
石上神宮所蔵(いそのかみじんぐう、奈良県天理市)

古備前義憲作  

  • 大和石上神宮には、石上神宮太刀銘「義憲作」の刀(奈良県指定文化財、昭和28年指定)に対して、小狐丸の名が伝わっている。
    • 古備前義憲は古刀上々作。源頼朝の太刀を作ったという。
    • 地鉄は板目肌、刃紋は小丁子乱れ、焼直しでナカゴは生ぶ。目釘孔3つ。
  • 「和州布留大明神御縁記」文安三年(1446年)

    其内先有小狐太刀、此御剣、三条小鍛治宗近與稲荷大明神打而、奉天子御剣也、長二尺七寸、有藤英、有□字、浦又有狐、依之名小狐、即、奉安置之宝殿矣

  • 「大和名所図会」寛政3(1791年)

    「神庫(正殿の傍にあり。この内に方五尺の櫃あり。神符して開くことなし。小狐という剣なり。)

  • また「石上神宮宝物誌」には「義憲」在銘の刀身が古来小狐丸と称せられて現存しているということが写真入で紹介されている。

源九郎狐  

  • この石上神宮所蔵のものには、次のような伝承がある。源九郎稲荷神社(奈良県大和郡山市)に伝わるもので、それによれば大和長安寺の東、菅田明神の境内に小狐が住んでいたという。
  • あるとき、近くの淵で村人を苦しめている大蛇に小狐が立ち向かうが返り討ちにあってしまう。その時、源九郎狐(げんくろうぎつね)が眷属を引き連れて現れ、その加勢を得て見事大蛇を退治したという。大蛇の尾から宝剣が見つかり、村人はこの宝剣を「小狐丸」と名づけ、天理の石上神宮へ奉納したという。
    源九郎狐は、むかし大和国にいたとされる狐で、播磨国にいた刑部狐は兄弟という。「義経千本桜」にも登場する。刑部狐(おさかべぎつね)は別名長壁姫(おさかべひめ)、小刑部姫。姫路城天守閣の五層に棲み、年に一度だけ城主に城の運命を告げたという。

盗難事件  

  • 弘化4年(1847年)の暮れ、大和の和助・佐蔵らの4名は、垂仁天皇陵(奈良市尼ケ辻町の宝来山古墳)を盗掘し、石上神宮の祠人を抱き込み、宝庫にあった小狐丸を盗み出した。その後大坂の一味を通じて、それを准三后鷹司政通に売り込んだが、政通はそれが尋常の剣でないことに気づき調査させたところ、石上神宮の盗品と判明。和助ら一味は安政5年(1858年)磔に処せられた。
  • 帝陵発掘事件:奈良奉行所の記録によると同じ時期に佐紀石塚山古墳、五社神古墳、宝来山古墳が盗掘を受け、付近の住人ら12名が古墳の盗掘犯として捕らえられた。首謀者とみられる4人は獄死し、これら4名の遺体は塩詰にして奈良市中を引き回しの上、磔に処せられたという。

石切剣箭神社所蔵  

太刀
銘 宗近
小狐丸
石切剣箭神社所蔵(いしきりつるぎやじんじゃ、大阪府東大阪市)

江草子狐(えぐさこぎつね)  

甲斐武田氏相伝
三条小鍛冶宗近作の太刀
長三尺
小狐丸

  • 甲斐武田氏第12代武田信満(~応永24年。信玄より7代前)の長男武田信重は、「楯無の鎧」、三男の信康(江草兵庫介)が「小狐丸」を相伝したという。
  • 江草とは山梨県北巨摩郡須玉町江草であり、鎌倉初期からここに武田一族が住して江草氏を称した。そこにあった宗近の太刀が武田本家に入り、それを信康(江草兵庫介)が相伝したものという。
  • 信康は応永(1394年)の末に早世したため、刀は弟の今井信景の家に相伝することとなったという。
    なお12代武田信満は、上杉禅秀の乱において前関東管領の上杉氏憲(禅秀)の縁者であったために氏憲側につくが敗れ、本国甲斐に敗走し木賊山で自害する。この木賊山とは天目山の旧名であり、後に第20代当主武田勝頼が自害することになる。
  • その後、延宝ごろの記録によれば、甲斐甲府中村の八幡社(古八幡神社。宮前町の八幡社とは別)に武田信玄奉納の小狐丸という太刀が一振りあったという。この伝が確かならば、今井家に伝わった江草子狐はその後再び甲斐武田宗家に戻り、甲斐武田氏第19代信玄の時代に中村の八幡社に奉納されたということになる。
  • ただしこちらは長三尺もの大太刀であり、摂関家伝来の小狐丸とはまったくの別物ということになる。