小池志津

小池志津(こいけしづ)  

脇差
志津兼氏作
刃長一尺九寸二分五厘

  • 表裏棒樋、金百五十枚の折紙
  • 水戸徳川家の蔵刀。

来歴  

  • 水戸藩士の小池治太右衛門政春が、あるとき江戸日暮里に行く途中で数人の賊に囲まれた。
  • 小池政春はこの志津を抜いて賊三人を斬り、一人に負傷させた。刀の切れ味が素晴らしかったので、父の政永に譲った。
  • 政永も試してみたところ業物に間違いなかったという。
  • その子孫にあたる小池水之介政修は、文化12年(1815年)にこれを7代藩主徳川治紀に献上し、藩主治紀はこれに対して青江の刀と白銀若干を与えている。
  • 治紀は翌文化13年(1816年)閏8月19日に江戸藩邸にて急死した。跡を継いだのが長男徳川斉脩で、この斉脩が編纂したのが「武庫刀纂」である。
  • 大正の頃、「小池志津」は水戸の富岡三造少将が所持していた。
    富岡三造は、1894年~1901年11月まで歩兵第22連隊の連隊長を務め、日清戦争に出兵している。