小林薙刀

小林薙刀(こばやしなぎなた)  

薙刀
号 小林長刀
刃長二尺五寸六分、茎長一尺五寸五分五厘

  • 明徳の乱で、足利将軍側の大内左京大夫義弘が振るった薙刀。
  • 大内左京大夫義弘は小林上野守と組み打ちになり、薙刀を内兜に突っ込み、さらに片股を斬り落とし、小林上野守を討ち取ったという。
    • 戦いの経緯については「小林国行」の項参照

由来  

  • この戦いで大内左京大夫義弘が振るった薙刀は、その後「小林薙刀」と名付けられ、大内家滅亡まで所蔵された。

    義弘ガ其日ノ装束ニハ、練貫ヲカチンニ染テ威タル鎧ニ同毛ノ五枚甲ノ緒ヲシメテ、二尺八寸ノ太刀ヲ帯キ、青地の錦ノ母衣ヲカケ、三尺一寸ノ荒身ノ長刀ヲ引ソバメテ近付ク敵ヲ待懸タリ(明徳記)

来歴  

  • 大内氏では、荒波、千鳥、乱髪、菊作、小林薙刀の5つを大内家五名剣と呼び秘蔵したという。

    大内家重代ノ宝剣ニ千鳥・荒波・乱髪・菊作・小林トテ五口アリケリ

  • 大内氏滅亡後、毛利氏により厳島神社に寄進される。

    系図に、「此時義弘所持之長刀、号小林長刀為家珍」とあり、此刀大内氏滅亡の後、毛利氏厳島神社に奉納して神庫にあり。
    明徳記三尺一寸とするはあやまりにて刃長二尺五寸六分、茎長一尺五寸五分五厘、刃頗る欠け、且切込もありて当日の力戦を想像せらるる品なり。実に小林と名づけしもことわりとおもはる。
    (大内家実録)

  • 天保13年(1842年)刊行の「厳島図会」の時点で、乱れ髪以外は行方不明となっている。

    荒波ハサラニモイハス、千鳥、小林、菊作ノ三口モイマ宝庫ニ見エサルハ、イツウセタルニカ惜ムヘキノキハマリナリケリ