小尻通新藤五

小尻通新藤五(こじりとおししんとうご)  

短刀
銘 国光
小尻通(小尻通国光)
九寸七分五厘(29.5cm)

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    小尻通新藤五 長一尺分半 無代 御物
    表裏棒樋、表浮刃三鈷、うら倶利伽羅、由来知らず

由来  

  • 不明。
    • こじりとは鞘の末端に付ける飾りのことで、「小尻」、「戸尻」、あるいは「木尻」などと書く。

来歴  

  • 関東管領足利家重代の「鐺通し(こじりとおし)」と同一とされるが詳細は不明。
  • 後に家康が入手し、享保の頃には将軍家所蔵となっている。
  • その後の伝来が不明だが、明治後に西条松平家松平頼庸氏に伝わっていた。




関東管領足利家「鐺通し(こじりとおし)」  

短刀

  • 関東管領足利家重代の短刀。
  • 応永31年(1424年)11月27日、足利持氏は奥州稲村から上ってきた伯父足利満直(篠川公方)にこれを贈った。
  • のち永享10年(1438年)に発生した永享の乱では対立し、持氏は自害に追い込まれている。
  • 満直のほうも下総結城氏が持氏の遺児を擁立し、永享12年(1440年)3月結城合戦が勃発、乱の最中の永享12年6月24日、南奥諸氏が一斉に蜂起して篠川御所を襲撃、満直は自害に追い込まれた。
  • この後、百数十年の間の来歴が不明。秀吉に伝わったのは別物の可能性もある。