小夜左文字

小夜左文字(さよさもんじ)  

短刀
銘 左/筑州住
名物 小夜左文字
刃長24.5cm、元幅2.4cm、茎長10.1cm
重要文化財
株式会社ブレストシーブ所蔵

  • 享保名物帳所載

    小夜左文字 在銘長八寸三分 代千五百貫 京都
    光甫覚書には、元幽斎老所持、三斎老へ伝る、其節玄旨老も御存命なり、能因法師の命なりけりの歌の心を以て御秘蔵にて御名付なり
    一説に遠州に浪人ありしが、死後に一二歳の男子有て後家金谷へ此脇差を売に行けるが、小夜の中山にて切れて死す、脇差も失る、母の妹男子を養育して常に右の趣を語る、成人の後掛川の研屋へ弟子に遣す、或時浪人體の者来て左文字脇差の砥を頼む、其者語りけるは何年以前小夜中山にて女一人此脇差を持来る奪ひ取しが後日心許なく思ひ殺しけると云、右脇差を見る體にもてなし、即座に母の敵を討つ、其頃は掛川の城主山内対馬守と云ふ、右の趣御聞居召出されけるとか、脇差は対馬守殿へ上る、後ち黒田(筑前)の御家にも有る、浅野但馬守殿にも有り、土井大炊頭殿にもあり、京都町人の方に今在り、寛文七には五百貫なり

    なお歌は能因法師ではなく西行。幽斎老と玄旨老は同一人物で細川藤孝のこと。本能寺の変後に「幽斎玄旨」(ゆうさいげんし)と号す。

由来  

  • この左文字の所有者であった浪人の後家が殺された上に、この左文字を奪われた。その後、叔母に育てられた息子が亡き母の仇を討つために、掛川の研師に弟子入りする。盗賊が奪った左文字を研ぎに出すことがあるだろうと読んでのことであった。ある時、強盗がこの左文字を研ぎに出してきて、「これは何年も前に中山で女から奪ったもので、後腐れの無いように女も殺した」と自慢話をしたため、左文字を見るふりをして左文字で仇を討ったという。
  • その話を耳にした当時掛川城主の山内一豊が、その仇討ちをしたという研師を召し抱えるとともに、この左文字も入手する。
    天正18年(1590年)の小田原征伐後~慶長6年(1601年)に土佐に移封されるまでの間に召し上げということになる。なお幽斎は慶長15年(1610年)8月に死去。
  • その後細川幽斎に懇願されたために譲り、幽斎はその仇討話と西行法師の歌の一節からこの左文字に「小夜」と名づけ、以後「小夜左文字」と呼び愛蔵したいう。

    年たけて また越ゆべしと思ひきや 命なりけり小夜の中山
    (新古今和歌集 西行法師)

    • 年老いてからこの山をまた超えることができると思っただろうか。小夜の中山を越えることができるのは、命があるからこそだ。
      「小夜の中山」とは静岡県掛川市佐夜鹿(さよしか)の峠で、箱根峠や鈴鹿峠と並び東海道の三大難所として知られた。

来歴  

  • 本阿弥光甫の覚書によると、幽斎が愛蔵した「小夜左文字」は存命中に子の細川忠興(三斎)が受け継ぎ小倉藩に伝わる。
  • 細川忠利の代に寛永4年(1627年)の小倉藩大飢饉が起こり、忠利は領民の飢餓を救うためにこの名物刀「小夜左文字」と大名物の茶器「有明の茶入(安国寺肩衝茶入)」を売却したという。
  • その後、黒田家、浅野家などに伝わる。
  • 寛文ごろには下総古河藩土井家にあり、土井家から本阿弥家に鑑定に出され千五百貫の折り紙が付けられている。
  • 享保名物帳編纂の際には京都の商人が所持していたという。
  • 昭和になってから神戸の田村市郎氏を経て戦前戦中を代表する刀工である柴田果刀匠が所持、重要美術品指定。
    田村市郎は久原財閥久原房之助の兄で、日本水産の前身である田村汽船漁業部を興した人物。

    柴田果刀匠はこの「小夜左文字」を愛するあまり自らの茶室に「小夜左庵」の庵号をつけている。また柴田果刀匠の所蔵した国吉(紀州徳川家伝来、現重要文化財)は「小夜左庵国吉」の号で呼ばれる。
  • 1952年(昭和27年)7月19日渡辺国武氏蔵で重要文化財指定を受ける。
    渡辺国武は大蔵大臣、逓信大臣を歴任した人物。