寺沢貞宗

寺沢貞宗(てらさわさだむね)  

短刀
無銘 貞宗名物 寺沢貞宗)
身長九寸七分強 反なし 元幅八分八厘 茎長三寸二分
国宝
東京国立博物館所蔵

  • 相州貞宗の作風を代表する作で、地刃ともに健全である。
  • 享保名物帳所載

    寺沢貞宗 無銘長九寸七分 無代 紀伊殿
    表剣爪、裏二筋樋、寺沢志摩守殿金二十枚にて求められ秀忠公へ上る、御遺物として紀伊大納言殿拝領

  • 真の棟、差表に爪形付きの剣、裏に二筋樋をかく。
  • 鋩子小丸、中心うぶ。目釘孔2個

由来  

来歴  

  • 本阿弥祐徳(光心の孫、光徳の姉弟)の家来が京都木の下(京都市上京区)で金2枚で買い求めたものに、本阿弥光徳が相州貞宗に極め、三百貫の折紙をつけた。
  • それを肥前唐津城主寺沢志摩守広高(寺沢広高)が金二十枚で購入し、豊臣秀吉に献上される。
  • その後秀吉から織田有楽斎長益に下賜するが、有楽斎は本阿弥光徳に売ってしまう。
  • この後が不明だが寺沢広高が700貫で再度購入したという記録が本阿弥家に残る。その後徳川秀忠へと献上したと思われる。この時には八百貫の折紙
  • のち徳川秀忠の遺物として寛永2年(1625年)2月26日に紀州徳川頼宣に贈られ、以後同家に伝来した。
  • 昭和のはじめに重要美術品指定。石川県石黒久呂氏所蔵。
  • 1952年11月22日に国宝指定。


寺沢広高