審神者

審神者(さにわ)  

古代の神道の祭祀において、神託を受け神意を解釈して伝える者のこと
後には祭祀の際に琴を弾く者を指すようにもなった

さにわ  

  • 元は「清庭(さやにわ)」の意味で、神を祭り神託を受けるために忌み清めた庭(場所)のことを指したとする説が有力である。斎場、沙庭。
  • その後、神託を受ける者の名前へと変化した。
  • さにわびと。

審神者  

  • 「日本書紀」神功皇后9年3月に、皇后が自ら神主となり、武内宿禰(たけのうちのすくね)に琴を弾かせ、中臣烏賊津使主(いかつのおみ)を審神者としたと記されている。

    三月壬申朔、皇后選吉日、入齋宮、親爲神主。則命武內宿禰令撫琴、喚中臣烏賊津使主爲審神者。因以千繒高繒置琴頭尾、而請曰「先日教天皇者誰神也、願欲知其名。」逮于七日七夜、乃答曰「神風伊勢國之百傳度逢縣之拆鈴五十鈴宮所居神、名撞賢木嚴之御魂天疎向津媛命焉。」亦問之「除是神復有神乎。」答曰「幡荻穗出吾也、於尾田吾田節之淡郡所居神之有也。」問「亦有耶。」答曰「於天事代於虛事代玉籤入彥嚴之事代主神有之也。」問「亦有耶。」答曰「有無之不知焉。」

    於是、審神者曰「今不答而更後有言乎。」則對曰「於日向國橘小門之水底所居而水葉稚之出居神、名表筒男・中筒男・底筒男神之有也。」問「亦有耶。」答曰「有無之不知焉。」遂不言且有神矣。時得神語、隨教而祭。然後、遣吉備臣祖鴨別、令擊熊襲國、未經浹辰而自服焉。且荷持田村荷持、此云能登利有羽白熊鷲者、其爲人强健、亦身有翼、能飛以高翔、是以、不從皇命。毎略盜人民。

  • 3月1日、神功皇后は吉日を選び斎宮に入り、自ら神主となられた。武内宿禰に琴をひかせ、中臣烏賊津使主(いかつのおみ)を呼び「審神者」とされた。
  • 過日、仲哀天皇に教えられた神を問うと、「伊勢の度会県の五十鈴宮にいます撞賢木(つきさかき)厳之御魂(いつのみたま)天疎向津媛命(あまさかるむかいつひめのみこと)(天照大神の別名)」であるという。さらに問うと、「尾田の吾田節(あかたふし)の淡郡にいる」という。さらに問うと「天事代虚事代(あめにことしろそらにことしろ)玉櫛籤入彦厳之事代神(たまくしいりひこいつのことしろのかみ)(事代主神)」であるという。さらに問うと、「日向国の橘の水底にいる。その名は表筒男(うわつつのお)中筒男(なかつつのお)底筒男(そこつつのお)である」と答えた。これらは住吉三神と呼ばれる。
  • そこで、それぞれの神を祀ったという。
    • 伊勢国の度会県の五十鈴宮:天照大神
    • 尾田の吾田節淡郡にいる神
    • 事代主神
    • 日向国の橘の水底:住吉三神(表筒男、中筒男、底筒男)

経緯  

  • これより前に、神功皇后の夫である仲哀天皇が熊襲討伐のために筑紫に赴く。
  • そこで神功皇后に神がかりがあり、先に西海にある財の国(三韓)を征伐せよとのお告げがある(「香椎宮託宣」)が、仲哀天皇はこれを信じず神を非難する。神の怒りに触れた天皇は翌年2月に突然崩御する。
  • その後の話が上の「審神者」に神の名前を聞く場面である。
  • こうして神々を祀った神功皇后は、まず熊襲を攻め、その後いわゆる三韓征伐を行うことになる。
    ※ただし現在では仲哀天皇は実在が疑われており、さらに神功皇后についても実在説と非実在説が並存している。

審神者神社(さにわじんじゃ)  

  • 審神者神社という名の神社が存在する。
  • 祭神:中臣烏賊津使主
  • 住所:福岡県糟屋郡久山町山田660-1