寒暈刀

寒暈刀(かんうんとう)  


平戸住正則作
二尺九分

由来  

  • もとは平戸藩の松浦将監信純の枕刀。
  • 寛永16年(1639年)8月のある夜、夢中に何かが顔に触るので枕刀で押し退けること四回に及んだ。翌朝刀を見ると物を切った痕跡があり、あたりに奇妙な足あとが残っていた。
  • それで妖怪を斬ったと評判になり、慶安5年(1652年)翠厳和尚(翠巌宗珉)が「寒暈」と命名し、それをナカゴに金象嵌した。

来歴  

  • のち、平戸藩主松浦鎮信の愛刀となった。
  • 寒暈刀はそれからも奇瑞を顕したので、"挺丸(ぬけまる)"と改められた。歴代藩主たちは、脇差にしたり太刀にしたりして愛用したという。
  • 肥前平戸城主松浦家の刀。


翠巌宗珉(すいがんそうみん)  

  • 江月宗玩の甥。俗姓は半井氏。
  • 和泉堺生で大徳寺百九十五世。
  • 明暦3年京都大徳寺住持、肥前平戸の春江庵などをひらく。