大原安綱(刀工)

大原安綱(おおはらやすつな)  

大原安綱、大原五郎太夫安綱。
平安時代初期、大同年間(806-810)を中心に伯耆の国で活躍した刀工
真砂砂鉄の産地であった伯耆国会見郡に住したと言う。
人名が確認されているなかでは、わが国最古の刀工である。

  • 長享銘尽

    佐賀天王御宇大年中大原五郎此作、太刀中子樋目ナリトモ云怙作太刀一上野□ニアリ、鞘ノ□□シ切矢摺ノチトスチカウタル也、峯モハモスコシ丸怙也、濤フツ切也名ハ目抜ノ下ニ打、怙作ノ太刀越前ノ気比ノ社ニ季仁将軍(藤原利仁)被進、宮龍中ニ立テヲク今ニサヒスト云、又同作太刀田村ノ将軍伊勢ニ納ラルゝヲ頼光依□想申□也名ヲ鬼ト云

  • 伯耆国大原の住人
  • 通称三郎太夫、五郎太夫、大原太郎など
  • 弘仁4年(813年)65歳で没したというが、現存刀を見る限り、三条小鍛冶宗近より若く平安後期とされる。
    一般に安綱は、坂上田村麻呂の佩刀を作ったことから大同年間(806年~810年)の人とされているが、この時代には鎬造湾刀様式が確立していない。
    現在では備前友成、三条宗近と同時代の頃の刀工とみるのが定説となっている。となると、「わが国最古の刀工」という称号は外れることとなる。

    平城天皇の御剣や、藤原利仁および坂上田村麻呂の佩刀などという伝承は年代が合わなくなる。

作刀  

  • 代表作
童子切安綱
国宝天下五剣の一つで、東京国立博物館
鬼切安綱
銘 國綱(号 鬼切新田義貞佩刀、最上家伝来。重要文化財。北野天満宮所蔵

重要文化財  

太刀
銘「安綱」(伯耆安綱)保科家伝来、静嘉堂文庫美術館蔵
太刀
銘「安綱」附 糸巻太刀拵。刃長80.6cm。徳川家康佩刀、紀州徳川家重宝。紀州東照宮蔵
太刀
銘「安綱」長74.8cm、反り3.1cm。昭和29年(1954年)3月20日重要文化財指定。なかご生ぶ。島津家旧蔵。平成22年度文化庁購入文化財。74百万円。文化庁保管

その他  

飛竜丸安綱
長宗我部家、家臣瀬尾家伝来の太刀。飛龍丸
瀬上がり
鎮守府将軍藤原利仁が最後ある神社に奉納したものが川の中に落ちた。年月を経たのに少しも錆びてなかったために瀬上がりと呼ばれた。
太刀
銘「安綱」佐野美術館所蔵
太刀
銘「安綱」ボストン美術館所蔵
銘「安綱」昭和10年10月14日重要美術品指定、(大阪府駒ケ谷)八幡神社所蔵。

系譜  

  • 安綱を始祖とする大原一門は、息子の真守の代以降も栄えた。

大原真守  

大原安家  

  • 安綱一門。平安時代後期。
太刀
銘「安家」刃長二尺五寸五分五厘(長77.3cm)、反り一寸。筑前黒田家伝来。安家現存中随一との評価が高い。鎬造、庵棟、鍛え小板目、刃文小乱れに丁子交じり。国宝。京都国立博物館所蔵

タグ  

関連項目