安宅志津

安宅志津(あたぎしづ)  


銘 兼氏
磨上
二尺一寸八分

由来  

  • 本阿弥光甫がこれは安宅摂津守冬康所持であったといったためという。

来歴  

  • 本阿弥光徳が二十枚の極め。
  • 寛永16年(1639年)8月5日、本阿弥三郎兵衛から埋忠家にナカゴの磨上を依頼してきており、その時にとった押形が「埋忠銘鑑」に載る。
  • もとは二尺一寸八分だったのを、二尺一寸一分に磨上している。
  • 享保までに焼けており、焼失の部に記載される。