太閤左文字

太閤左文字(たいこうさもんじ)  

短刀
銘 左/築州住
号 太閤左文字
7寸8分(23.6cm)
国宝
小松コレクション(ふくやま美術館寄託)

  • 南北朝時代筑前の刀工左安吉(左衛門三郎)の作。左文字の短刀において最高傑作とされる。
  • 平造、三つ棟、身幅、刃長とも尋常で、僅かに反りつく、ふくら枯れる。鋩子は突上げて長く返り、刃縁締まる。
  • 中心は生ぶ、先き刃上り栗尻、鑢目は大筋違、目釘孔二個。
  • 表銘「左」、裏に「築州住」と入る。

由来  

  • 太閤豊臣秀吉が所持したことから「太閤左文字」と呼ばれる。
    • 数ある秀吉所蔵左文字の中から、なぜ本刀に対して呼んだのかという理由は不明。

本来「太閤」は摂政または関白を子弟に譲った人物を指す一般名詞である。近世以降は特に豊臣秀吉を指して用いられる。「豊太閤(ほうたいこう)」。
さらに後、豊臣秀吉が足軽から位人臣を極めたことから、低い身分から立身出世して権力を握った人物を「今太閤」と呼ぶようになった。

来歴  

  • 秀吉の死後、慶長16年(1611年)に秀頼から徳川家康に贈られ、のち秀忠が所持した。
  • のち紀州徳川家に伝来した。
  • 何時頃かは不明だが、江戸時代初期、かなり早い段階で遠江浜松藩主家の井上家に入ったと見える。
    秀忠より拝領となると、遠江国横須賀藩初代藩主であった井上正就の時かと思われる。母が徳川秀忠の乳母であったため早くより秀忠に近侍し、小姓組番頭からのち幕府老中職となっている。
  • 昭和7年(1932年)の井上子爵家の売立に同物とみられる7寸8分の左文字在銘短刀が出品され2680円で落札されている。葵唐草紋の金襴包み鞘の合口拵が附き、秀忠より拝領という。

    秀忠公拝領 左文字短刀
    在銘 赤胴葵紋壺笠目貫
    金銅葵紋鞘 長サ 七寸八分

  • 昭和7年(1932年)、わかもと製薬の長尾よねが購入している。
  • 昭和9年(1934年)1月30日に旧国宝指定。
  • 昭和27年(1952年)11月22日、新国宝指定。
  • 長尾家の没落に伴い放出され、青山孝吉氏所蔵、のち小松コレクションとなる。
    この青山氏から小松氏への流れは「会津新藤五」と同じ。