太刀

太刀(たち)  

  • 日本刀のうち刃長がおおむね2尺(約60cm)以上で、太刀緒を用いて腰から吊り下げるかたちで佩用(はいよう)するものを指す。
  • 博物館などで展示する際、太刀については刃を下向きにして(両端が上がった状態で)展示される。

時代劇などで、刃を上にして腰帯に指して使用しているのは打刀。打刀の場合には、博物館などで展示する際も刃を上にして(両端が下がった状態で)展示する。

太刀の分類  

太刀
現代では刀身が2尺以上、3尺(約90cm)未満のものを指す。
大太刀
野太刀とも呼ばれ、刀身が3尺以上の太刀を指す。大型のものでは10尺(約3.3m)以上になるものも存在する。鎌倉時代に好んで作られたが、後に摺り上げられて通常の長さに直されてしまったものが多く、現存するものは少ない。
小太刀
刀身が2尺未満のもの。形状は直線的なものが多い。現代では脇差との違いは曖昧であり、その存在理由については各説ある。

太刀銘  

  • 刃を上にして左腰に差したとき(つまり打刀の指し方)に、なかごの銘が外向きに刻まれている場合は、おおむね打刀と判定する方法もある。しかしこれに準じない銘を切る刀工も居るため、一概には言えない。

代表的な太刀  

磨上