大般若長光

大般若長光(だいはんにゃながみつ)  

太刀
銘 長光
名物 大般若長光
刃長2尺4寸3分(73.6cm)
国宝
東京国立博物館所蔵

  • 表裏に丸留の棒樋。刃文は大丁字乱れ、光忠の大出来に酷似する傑作。
  • 中心は先を詰め、目釘孔2個。表に「長光」の二字銘。

由来  

  • 号の「大般若」というのは、仏教の「大般若経(大般若波羅蜜多経(だいはんにゃはらみったきょう))」のこと。
    大般若波羅蜜多経は、630年に唐の玄奘三蔵がインドから持ち帰り翻訳した大乗仏教の基礎的教義を記述した経典。全16部600巻に及ぶ。この膨大な教典を262文字に要約したものが「般若心経(般若波羅蜜多心経(はんにゃはらみったしんぎょう))」であるという説もある。
  • 室町末期の「天正本」と呼ばれる「諸国鍛冶代付之事」に記載された本阿弥家による名刀の値付け一覧において、当時国綱吉光が百貫、正宗が五十貫という代付(格付け)であるところ、この長光は他に類をみない銭六百貫という破格の代付がされた。
  • 「銭六百貫」から大般若経の経典の数字「六百巻」を掛けて「大般若」と名付けられた。

来歴  

  • 元は足利義輝所持で、「小虎之太刀」とも呼ばれた。
    一説に三好長慶に下賜されたとも伝わる。
  • 永禄8年(1565年)5月19日、足利義輝から三好政康が分捕った。
  • その後信長に伝わり、元亀元年(1570年)6月、姉川合戦の功により信長が家康に贈っている。

    就中徳川殿は陣中第一の御武功比類なき御働きなりとて御感状には「武門の棟梁当道の綱紀」と書入られ誠にすぐれたる御文言、其上御褒美のしるしとして長光の御刀を遣わさる、抑も此刀は光源院殿(足利義輝)御秘蔵第一の物也しを乱後に三好故下野入道謙斉(三好政康、釣閑斎)が所持しける処に近年信長公の御道具と成り隠れなき名物なり云々。

  • 元亀4年(1576年)7月、長篠合戦の折、家康は長篠籠城の功により本刀を奥平信昌(定昌)へ与えている。さらに娘の亀姫を嫁がせている。
  • その後は信昌の四男である松平忠明に渡り、武州忍藩松平家に代々伝わった。
    当初三男の定昌に与えその子忠隆に伝わったが、早世したため信昌四男の松平忠明に伝わる。
  • 大正年間に同家から松平頼平氏を通じて売りに出したものを、山下亀三郎氏が他の刀と一緒に八萬円で購入したという。
    松平頼平は水戸藩御連枝の常陸宍戸藩主松平頼位の三男で、陸奥守山藩主家松平喜徳の養子となった。子爵。明治期の著名な鑑刀家の一人。この頼平の姉妹に高がおり永井岩之丞(永井尚志の養子)に嫁いだ。長女の夏子が三島由紀夫(本名平岡公威)の祖母である。

    山下亀三郎は伊予生まれの実業家。山下汽船(現商船三井)・山下財閥の創業者で、勝田銀次郎、内田信也と並ぶ三大船成金の一人。
  • 大正12年(1923年)の関東大震災の時、崩れた土蔵の下敷きになり曲がってしまうが、研師吉川恒次郎の手により元に戻る。
  • さらに愛刀家でもあった伊東巳代治伯爵が買い受け、伊東の死後、昭和16年(1941年)に、遺族から旧帝室博物館(現東京国立博物館)に五萬円で譲渡された。
    伊東巳代治は長崎県出身の政治家。伊藤博文の側近となり、第2次伊藤内閣で内閣書記官長、第3次伊藤内閣で農商務大臣を務めた。1934年に満76歳で没。
  • 当時東京都知事の月収が五千三百円であったというから、大般若の値の高さが知れる。
  • 昭和15年(1940年)遊就館の名宝日本刀展覧会では伯爵伊東治正(伊東巳代治の孫)所持。
  • 昭和26年(1951年)6月9日国宝指定、国立博物館保管。


奥平信昌(定昌)  

  • 長篠合戦で長篠城を守り切った城将奥平定昌には、家康からこの大般若長光を拝領した他に、信長から「備前福岡一文字(長篠一文字)」、「信」の字、「武者助」の名乗りを拝領している。
  • 以降、定昌は奥平武者助信昌と名乗ることになる。
  • なお、徳川家康の長女亀姫を娶ったことから一族として遇され、家康の外孫にあたる四男忠明が、家康の養子となり松平姓を許された。
  • 信昌の四男松平忠明から始まる武州忍藩松平家には、この大般若のほか、安国寺恵瓊が所持し関ヶ原後に分捕られた庖丁正宗、長篠の戦功により信長から拝領した一文字信房などが伝わった。