大太刀

大太刀(おおだち)  

長大な打刀および太刀のこと

Table of Contents

概要  

  • 一般に刀身の長さが三尺(約90cm)以上のものを指す。
    日本刀において、刀身が3尺(約90cm)以上のものを「野太刀」、刀身が5尺(約150cm)程度のものを大太刀とすることがある。しかし、刀身長による分類の方法には文献や研究者によって違いがあり、「大太刀」という言葉が指す刀剣の定義は常に一定というわけではない。

伝承される大太刀  

  • 軍記物語である「源平盛衰記」には、畠山重忠が用いた太刀として「身巾四寸(約12cm)長さ三尺九寸(約182cm)」の太刀である「秩父がかう平」や、武蔵国綴党の大将である太郎、五郎の兄弟が帯刀していたという「四尺六寸(約140cm)の太刀に熊の皮の尻鞘入」が記述されており、当時既に三尺を超えるものがあったことが伺われる。
  • 「太平記」には五尺以上の太刀が多く記述され、最大で九尺三寸(約282cm)のものが描写されている。五尺(約150cm)の大太刀二振を佩き、更に手には刃長八寸の大斫斧(まさかり)を持って参陣したという長山遠江守(ながやま とおとうみのかみ)や、五尺六寸(約170cm)の大太刀を携えて勇戦したという大高重成(おおたか しげなり)、七尺三寸(約221cm)の大太刀を振るって奮戦したという山名の郎党、福間三郎(ふくまさぶろう)の描写からは、長寸の大太刀が実際の戦闘で使われていた状況が推察できる。
  • 戦国時代には、朝倉氏や長尾上杉氏が「力士隊(りきしたい)」と呼ばれる巨躯巨漢の者を集めた部隊を編成し、大太刀を持たせて戦わせたことが記録されている。朝倉氏の家臣である真柄直隆、真柄直澄の兄弟は、共に戦場で五尺三寸(約175cm)の大太刀を用いて奮戦し、両名ともに姉川の戦いで討ち取られたものの、その大太刀は「太郎太刀」「次郎太刀」の名で現在に伝えられている。一説に、文亀(1501年)ごろ、越前に大力の者がおり、備前長船にいって祐定に長さ五尺三寸(160.6cm)、幅二寸三分(7cm)、重ね五分五厘(1.7cm)の大太刀を注文した。祐定は祐清、祐包と協力してこれを打ち上げた。これが真柄兄弟に伝わったとする。
君万歳友成
三尺。銘「備前国友成君万歳」能登守平教経太刀とされる。壇ノ浦で水没
面影
来国行作、三尺三寸。長崎為基佩用、池田輝政所持。享保5年(1720年)4月鳥取城での石黒火事で焼け、再刃されるも再度の出火で焼失
金同丸
六尺三寸。室町時代の信州の豪族、坂西家重代の大太刀。

現存する大太刀  

太郎太刀
前述した真柄直隆、真柄直澄が所持したという大太刀という「太郎太刀」「次郎太刀」がそれぞれ現存する。
志田大太刀
弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村)所蔵。同社には、他の一本とあわせ、二本の大太刀が現存
柳生の大太刀
刃長4尺7寸8分(約1.45m)。徳川美術館所蔵
伊吹丸
刃長三尺七寸三分、茎長一尺八寸。多摩地方の侠客、一ノ宮万平が武蔵一ノ宮六所宮(現大國魂神社、東京都府中市)に奉納したもの。大國魂神社所蔵
備州長船倫光
銘「備州長船倫光」 裏「貞治五年二月日」刃長126cm、反り5.8cm、元幅4.4cm、先幅3.0cm。国宝。日光二荒山神社宝物館所蔵
士武者
三尺一寸。備中青江正恒作。藤井市之丞広貞の佩刀
瀬登太刀
無銘(号瀬登太刀)刃長126cm、反り5cm。重要文化財。二荒山神社所蔵
祢々切丸
山金造波文蛭巻大太刀。号 祢々切丸。刃長216.7cm、反り6.4cm、身幅5.6cm、刀身重量24kg。重要文化財。日光二荒山神社所蔵
蓮井の太刀
寛永頃の横綱、鬼勝象之介佩用。183.6cm。正住寺所蔵(和歌山市)
都萬の大太刀
銘「備前則次外五人」総長一丈一尺八寸五分(約354cm)、刃長八尺一寸二分(約246cm)。都萬神社所蔵

関連項目