大内家五名剣

大内家五名剣(おおうちけごめいけん)  

大内氏に伝来した五本の名物

Table of Contents

概要  

  • 大内氏は、周防・長門、石見、豊前、筑前の守護を努め、守護大名から戦国大名に成長し毛利元就登場まで中国北九州の覇者であった
  • この大内氏に5本の名剣(薙刀含む)が伝わっており、同家では重宝とした。

    大内家重代ノ宝剣ニ、千鳥・荒波・乱髪・菊作・小林トテ五口アリケリ

千鳥一文字  

荒波一文字  

  • 享保名物荒波一文字」。二尺一寸五分。
  • 弘治3年(1557年)に大内氏が滅亡した際、杉民部大輔はこの荒波一文字で野上隠岐守を介錯したという。
  • のち足利将軍家から所望され、結果的にこの荒波一文字は足利将軍家に伝わる。しかし義輝の子が早世したこともあり、厳島に戻る。
  • のち毛利輝元が社領三千石を納めるのと代わりに取り出し、秀吉に献上。

    (天正11年5月20日)是より先、毛利輝元、安芸厳島社をして羽柴秀吉に贈る太刀を出さしむ、是日、之を謝して地を寄す。

乱れ髪  

  • 足利将軍家から所望され、結果的にこの乱れ髪は厳島に戻る。

菊造り  

小林薙刀  

  • 薙刀。刃長二尺五寸六分。
  • 明徳の乱において、大内左京大夫義弘が小林上野守を討ち取った際に使用した薙刀。
  • 小林薙刀」および「小林国行」の項参照


経緯  

  • 弘治3年(1557年)に大内氏を滅ぼした毛利元就の子、毛利隆元がこの五名剣を手に入れる。しかし、隆元はこれを厳島神社に奉納している。

    山口滅亡ノ時吉田ヘオクリシカバ、毛利隆元コレヲ見タマヒ、予ハ義隆ノ扶持ヲ以テヒトゝナレゝバカノ家ノ宝物ミダリニ取ヲサムベキニアラズ、シカシ大明神ニアズケマイラセンニハトテ当社へ納メタマヒケリ

  • 千鳥、荒波は秀吉に献上。残りの菊造りと小林薙刀についても天保頃には行方不明となっている。