大兼光

大兼光(おおかねみつ)  


金象嵌銘 備前国兼光 本阿弥(花押)
名物 大兼光
2尺7寸5分5厘(83.4cm)
重要文化財
佐野美術館所蔵

  • いわゆる延文兼光の作。
    • 兼光は延文年間(1356年-1361年)頃、南北朝時代の人。長船景光の子。左衛門尉。「延文兼光」と称される。
  • 享保名物帳所載

    大兼光 象嵌銘長二尺七寸九分 代金六十枚 所在不知
    長き故の名なり、秀吉公遺物として利家卿御館にて藤堂佐渡守殿へ下さる、表裏樋、忠(なかご)表に本阿弥、裏に備前

  • 目釘孔1個。
  • 元来大太刀であったものを江戸時代に磨上げ、本阿弥光温が金象嵌で極めを入れたもの。この時に金六十枚の折紙が付いた。
  • 大磨上ながらなおも長大で、反りがあり踏ん張りもついている。

由来  

長き故の名也

  • 享保名物帳では、大きさゆえの名であるとする。享保名物帳の時点ですでに磨上られており、元はもっと長大であったために名付けられた。

来歴  

  • 享保名物帳によると、太閤秀吉の形見分けとして藤堂佐渡守(高虎)に贈られたもので、後に徳川将軍家に献上し、伝来したものという。
  • 享保名物帳のころには所在がわからなくなっていたが、明治2年以降に徳川本家に伝わる。
  • 戦後徳川本家から処分され、現在は佐野美術館で所蔵されている。

    小瀬甫庵の記にも太閤の遺物を記し、大兼光藤堂佐渡守とあり、この刀享保の頃已に所在知れずとあるはいぶかしきことなり。


相馬兼光  

  • 相馬兼光」は別名「大兼光」とも呼ばれる。


武田信虎所持  

  • 武田信虎が「大兼光」という刀を所持したが同じものかは不明。この当時は建武兼光を「大兼光」とも呼んだ。