大典太光世

大典太光世(おおてんたみつよ)  

太刀
銘 光世作
名物 大典太(おおでんた)
刃長66cm、反り2.7cm、元幅3.5cm、先幅2.5cm。
国宝
前田育徳会所蔵

  • 平安時代の三池派の刀鍛冶、三池典太光世みいけでんたみつよの作。
  • 享保名物帳に記載された天下五剣の一つで、現存する名刀。

    大伝多三池 在銘長二尺一寸七分 松平加賀守殿
    京都将軍家の御重代尊氏公より十三代義輝公へ伝り總て御秘蔵御重代の御太刀三振の内なり、義昭公より秀吉公へ進せらる、一振は二つ銘、一振は鬼丸也
    浮田中納言秀家卿御内室邪気の御煩あり依之秀吉公より利家公此御太刀を拝借し枕元に差置れければ早速御快気に付則ち返上成されけるに再発に付又た御借り御快気の上暫く差置れ彌御快きに付返上、又ゝ発す三度目に利家卿拝領なり、其外前後に不思議しばしばあり、右御病人は利家卿の御息女なり利家卿の御代歟光甫に御申付鬼丸の如く楠造りに御拵出来

  • 鎬造、丸棟。鋩子小丸、彫物は表裏に幅広く浅い棒樋を巧みにかき流し、表に添樋をかき流す。なかご生ぶ、目釘孔2個。目釘孔の下中央に「光世作」の三字銘。
Table of Contents

由来  

  • 加賀前田家には、三池光世作の太刀が二振り、または太刀と刀の二振りがあり、長い方が「大伝太」と呼ばれた。

名前について  

  • 前田家ではこの刀を「大伝太」と書くが、享保名物帳では「大伝多」、文化庁(国宝指定)では「大典太」と書く。伝太は光世の通称で、古剣書では伝多・転多・典太・典多・田多などとも書かれている。

来歴  

足利将軍家  

秀吉  

  • その後大典太は、足利将軍家十五代義昭の時に一万石を条件に二つ銘則宗(愛宕神社所蔵)、鬼丸国綱と共に秀吉に献上されたという。

前田家  

  • 寛文9年(1669年)、本阿弥光甫に命じて大伝太に鬼丸拵えをつけている。その時、鎺の裏にある桐紋を前田家の梅鉢紋に替え、目貫も梅鉢紋に替えた。
  • 昭和31年(1956年)6月28日重要文化財指定。
  • 昭和32年(1957年)2月19日国宝指定。


来歴異説  

  • 備前中納言宇喜多秀家に嫁いでいた利家四女豪姫(樹正院)の治癒祈願のために秀吉から借りることが重なったために秀吉より拝領したものという[享保名物帳]。
  • また直接利家に渡らず秀忠に渡り、加賀前田藩三代目藩主である前田利常が、長女鶴亀(秀忠養女)の病を治癒する目的で秀忠から拝借したことから前田家に渡ったとする説もある[前田家文書]。

エピソード  

試し切り  

  • 寛政4年(1792年)8月19日、江戸千住の小塚原で行われた試し切りにおいて、幕府の御様御用(おためしごよう)首斬り役山田浅右衛門吉睦が大典太光世を使った試し切りを行った。
  • 1回目は一ノ胴、2回目は車先(臍の辺)を試したところ、ともに土壇に五寸(15cm)ほど切り込んだ。3回目は骨の多い雁金(腋の下)を試したところ、同じく土壇まで切り込んだ。4回目には三つ胴を試したところ、積み重ねた罪人の死体を二体の擦り付け(鳩尾)を切断し、三体目の一ノ胴の少し上を切り裂いた上で背骨で止まったといわれている。

大坂城の肝試し  

  • 秀吉の晩年、話し相手として加藤清正や黒田長政が詰めていた。ある時、千畳敷の廊下を深夜に渡ると何者かが刀の小尻を掴んで引くので通れず、無理せず引き返すと特に異常はなかったという。
  • この話を前田利家にしたところ、利家はそんな馬鹿な話があるかと取り合わなかったが、それでは前田殿もいってみなされということになり、清正が「行った証拠にこの軍扇を廊下に置いてきなされ」と扇を差し出した。このやりとりを聞いていた秀吉が「前田殿、この太刀を差して行かっしゃい」とこの大伝太を貸し、それを差して千畳敷へ行ったが何も起らなかったという。

残された三振の刀剣  

  • 加賀藩主前田家には多数の刀剣が伝わったが、十六代目当主前田利為が五代藩主前田綱紀の故事にならい文書を中心とした財団設立の準備のため、所有の文化財を売却した。
  • その際に刀剣三十三振も売却されたが、「名物大典太(大典太光世)」「名物太郎作正宗」「名物富田郷」の三振の刀剣は、ついに売却されることはなかった。

豪姫の狐憑き  

  • 宇喜多秀家に嫁いだ豪姫は、病弱で出産のたびに大病にかかり、ある時狐が憑いたのが原因だと言われた。

    秀吉殿、宇喜多中納言秀家殿の正室南の御方の病は、「狐の祟り」なりとし、稲荷大明神に日本国中の狐退治を申告せり。

  • 養父であり実の子のようにかわいがったと伝えられる豊臣秀吉が、稲荷の総本山伏見稲荷に対し「豪姫から出ていかないなら日本中の狐を殺す」という内容の恫喝の手紙を送りつけたという。

    備前中納言女ともに付き、障物の気相見へ候。とかく狐の所為に候。何とて、左様に見入り候や。曲事に思し召し候得共、今度は御免し成され候。
    若し此の旨に相背き、むさとしたる儀これ有るに於ては、日本の内、年々狐猟仰せ付けらるべく候。一天下にこれ有る有情無情の類まで、御意を重ねず候なり。速やかに立除くべく候。
    委曲は吉田の神主に申し渡すべく候なり。
      卯月十三日             秀吉朱印
      稲荷大明神殿

大伝太太刀小鍛冶薙刀記  

  • 延享3年(1746年)の暮れに藩主前田宗辰が22歳で早世し、次弟の利安(重煕)が継いだ。重煕は噂に聞く伝家の宝刀を見るべく、さっそく大伝太と小鍛冶の薙刀を江戸に取り寄せる。
  • 若い重煕はすぐに見たがったが、前藩主宗辰が前年の暮れに亡くなったところであり喪も明けていなかったため、人持組の西尾隼人が「服喪中には御覧いただけない習わしになっておりまする」と申し上げ止めた。ならばその由来を書いて出せと命じたところ出てきたのが「大伝太太刀小鍛冶薙刀記」であったという。
  • この重煕の後、大伝太は江戸に置かれたようで、文化9年(1812年)3月に本阿弥重郎左衛門が江戸藩邸においてある名刀を手入れした記録にも「大伝太」が見える。また安政3年(1856年)に本阿弥長根に研がせた記録があるがその時にも江戸藩邸にあった。


小伝多(こでんた)  

前田家所蔵
銘 光世
刃長二尺三分

  • 三池光世作
  • 「大伝多」と対比して「小伝多」と呼ぶ。
  • 太刀銘「光世」

タグ