大倶利伽羅広光

大倶利伽羅広光(おおくりからひろみつ)  


大磨上無銘 広光
名物 大倶利伽羅廣光
2尺2寸2分半
重要美術品
法人所蔵(大阪府茨木市)

  • 相州正宗の門人、広光の作
  • 享保名物帳所載

    大倶利伽羅広光 無銘長二尺二寸二分五厘 代千貫 松平陸奥守殿
    彫物故に名付るなり

  • 佩き表に大きな倶利伽羅(剣に巻きついた竜)が彫られている。裏は腰樋と添え樋。

由来  

  • 刀身の指裏にある大きな倶利伽羅竜の彫り物にちなむ。
  • 江戸時代後期の仙台藩の儒者若林靖亭(若林友輔)によれば、政宗が常に軍陣に帯びていたといい、非常な業物であったという。

来歴  

  • 伊達政宗が徳川将軍家より拝領したもので、それ以前の来歴は不明。
  • 徳川家から江戸城の石垣修築の命がくだされ、元和6年(1620年)に完成する。
  • その時の褒賞として与えられたものだが、当時政宗は仙台藩在国であったため嫡子の美作守忠宗が11月21日に拝領した。

    今度當城普請之儀、入念依被申付、早速出来、怡覺候、殊更美作守(忠宗)入精之段、令感候、下々苦労之至候也、謹言、
      十一月廿一日 秀忠(花押)
       仙台宰相(政宗)殿

    大倶利伽羅広光、相国秀忠公より忠宗拝領し給ふ

    忠宗は慶長16年(1611年)の元服の際に正五位下美作守に叙任されている。寛永3年(1626年)8月に政宗が従三位権中納言、忠宗が少将越前守、秀宗が四位侍従遠江守に昇進している。寛永13年(1636年)5月24日、政宗薨去。その後忠宗が家督を継ぎ仙台藩2代藩主となった。

  • 貞享4年(1687年)卯月29日、本阿弥家に砥に出され、刃長などが測られている。「長二尺二寸二分五厘」で名物帳にもこの長で記載されるが、伊達家の記録ではすべて「長二尺二寸三分」になっているという。
  • 将軍家から拝領した時にすでに五十枚の小札がついていたが、安永7年(1778年)12月に百枚に格上げされている。
  • 昭和まで伊達家に伝わる。
  • 明治17年(1884年)8月に仙台から東京に移される。
  • 関東大震災も免れている。
  • 昭和4年(1929年)3月の日本名宝展覧会では伊達興宗伯爵所持。
  • 昭和9年(1934年)12月20日重要美術品認定、伊達興宗伯爵所持。

    刀 無銘(名物大倶利伽羅広光) 伯爵伊達興宗
    (昭和9年文部省告示第305號)

  • 現存
    ページ頭の所蔵者情報については大阪府発表資料に基づく。なお日本刀剣博物技術研究財団のページによれば「個人所有」となっている。このページでは公開情報である大阪府資料に従うものとする。

タグ