大三原

大三原(おおみはら)  

太刀
金象嵌銘 大三原 二ツ筒 浅野紀伊守拝領 本阿弥光徳(花押)
名物 大三原
2尺6寸7分(80.9cm)
重要文化財
東京国立博物館所蔵

  • 享保名物帳所載

    大三原 象嵌銘長二尺六寸六分 代金二十枚 松平安芸守殿
    寸長き故名付、中心表に本阿弥光徳判、裏に大三原二つ胴、浅野紀伊守拝領と象嵌なり

  • 佩表に大三原云々、裏に光徳花押の金象嵌がある。
  • 備後三原派、古三原の正広(正廣)として伝わっている。
  • 享保名物帳で取り上げられた三原物は、この「大三原」のみとなっている。
  • なお「二ツ筒」とは二ツ胴のことを指している。

由来  

  • 享保名物帳には次のように書かれている。

    寸長き故名付く

  • つまり80cmを超える大きな刀であり、「大三原」と呼ばれた。

来歴  

  • 秀吉の逝去後49日を経た慶長3年(1598年)12月下旬、伏見の前田利家邸に諸大名が集められ、盛大に形見の刀分けが行われた。
  • この太刀はその席で浅野紀伊守幸長が賜ったと伝えられている。
  • 浅野幸長は、慶長6年(1601年)に「紀伊守」に改めており、それ以後に本阿弥光徳埋忠寿斎に命じて「大三原 二ツ胴 浅野紀伊守所持 本阿弥光徳(花押)」と金象嵌を入れさせている。
  • 代付けは通常二十枚とされるが、無代、または二十五枚とする異説がある。長についても、一部に二尺六寸三分とするものがある。
  • 戦後まで浅野家に伝来、浅野長之侯爵所持。
  • 現在は東京国立博物館所蔵。




細川家の大三原  

脇差

  • 細川幽斎、細川忠興(三斎)所持
    • 浅野家伝来(東博所蔵)の大三原(太刀)とは別の脇差。
  • 三斎は、嫡子忠利が所望するも譲らなかった。
  • 将軍秀忠のお供をして浅草に水浴びに行った時にも、これを指していっている。秀忠は大三原を忠利が所望していることを知っていたため、三斎が水浴びしている間に「余がもらって遣す」といって大三原を取り上げ、細川忠利に与えてしまった。
  • 細川忠利(豊前小倉藩の第2代藩主、肥後熊本藩初代藩主)は、のちにこれを弟の立孝に譲っている。
  • 寛永20年(1643年)正月8日、忠利の嫡子である細川光尚(肥後熊本藩の第2代藩主、熊本藩細川家3代)に子供(綱利。第3代肥後熊本藩主。熊本藩細川家4代)が生まれると、立孝は祝としてこれを細川光尚に献上している。
  • 慶安2年(1649年)12月26日、光尚が31歳で若死にすると、その遺物として立孝の嗣子行孝に贈られた。行孝は肥後宇土藩主であり、以降同家に伝来した。