塩河来国光

塩河来国光(しおかわらいくにみつ)  

短刀
来国光名物 塩川来国光
8寸4分
重要文化財
所在不明

  • 鹽河来国光 ※「鹽」は塩の古字。
  • 享保名物帳所載

    塩河来国光 在銘長八寸四分 代金百枚 本多中務殿
    信長公の御時、江州塩河殿所持。後本多美濃守所持

  • 差表の鋩子は切れて円い飛び焼きになる。裏は普通の小丸鋩子。
  • 中心はうぶの振袖形。目釘孔4個。「来国光」の三字銘。
  • 金無垢の二重鎺に寿斎の銘が入る。

    うめただ寿斎

由来  

  • 元の持ち主である塩河氏にちなんで名付けられた。
    • 塩河氏(塩川氏)は江州の豪族。
      江州塩河氏とは塩河孫太夫宗頼のことで、江州種村氏に仕えた人物という。※情報を頂きました。
      なお種村氏とは近江佐々木家の末裔で江州神崎の種村に住してこれを名乗ったという。「近江源氏佐々木家六角氏頼ノ末孫ニシテ、江州神崎郡種村郷ニ住ス、コレヨリ種村氏トス」
  • また一説には塩川氏であり、摂津の国人領主で山下城(一蔵城・一庫城)の城主塩川伯耆守国満のことともいう。
    河内若江八人衆の一人、塩川山城守満定の子が塩川十兵衛満勝、その子が塩川志摩守満一という。塩川志摩守は浄瑠璃「十二段草子」の作者と伝承されてきた小野お通と結婚した。その娘が小野国子で、信濃松代藩2代藩主の真田信政の側室となっている。

来歴  

  • 埋忠家で金無垢の二重鎺をこしらえている。

    うめたゝ 寿斎 彦一入

  • この短刀は、のちに本多美濃守忠政(中務大輔忠勝の長男)が入手し、その後播州姫路藩本多家に伝来した。
  • 天和2年(1682年)4月に本阿弥家に鑑定に出し、百枚の折り紙をつけた。


  • なお文化財登録情報では所有者名が「株式会社陣屋」となっているが、現在ここにはないという。