堺志津

堺志津(さかいしづ)  

鍛刀
銘 兼氏
名物 堺志津
8寸9分8厘(27.2cm)、反り1分5厘(0.5cm)
徳川記念財団所蔵、東京国立博物館寄託

  • 平造り、首のくびれた地蔵鋩子。拵えの二所ものは葵紋三双で後藤光理作。

由来  

  • 堺から出たため。

来歴  

  • 徳川家に入るまでの由来は不明。一説に、家康が堺で買い求めたともいう。
  • 正保4年(1647年)11月27日、徳松(綱吉)の髪置きの祝の際に、後の4代将軍家綱が短刀を贈っている。

    廿七日吉辰なればとて。大納言殿御方(家綱)にて徳松君(綱吉)髪置の式行はる。大納言殿より光忠の御刀。堺志津の御脇差をさづけたまふ。次に御所へも徳松君より光忠の刀。太刀。馬代金。小袖十さゝげられ御盃給ひ。光包の太刀を給ふ。

    この時点では家光が将軍で、寛永18年(1641年)生まれの家綱は7歳。2年前の正保2年(1645年)4月に元服、西の丸に移ったのは慶安3年(1650年)で翌年4月に家光が薨去し、将軍宣下を受ける。

  • 元禄16年(1703年)本阿弥で千貫の折紙をつけている。
  • 享保10年(1725年)8月23日、大納言家重が西城へ初めて移った時に、吉宗へ献上している。

    廿三日大納言殿(家重)西城にうつらせたまひし後。はじめて御饗應あり。よて來國俊の御太刀。備前國吉用の御刀を進らせらる。大納言殿よりも堺志津の御さしぞへを獻りたまふ。

  • 元文2年(1737年)5月28日、竹千代(家治)七夜の祝として吉宗から正宗とともに与えられる。

    廿八日西城にて七夜の御祝あり。三家の方々をはじめ。群臣慶賀し奉り。酒羹。もちゐをたまはる。万石以上盃臺を下さる。けふ若君御名まいらせられ。竹千代君と稱せらる。この御名は東照宮。大猷院殿の御稱なれば。憚り思召といへども。老臣しゐて申むねあるにより。名づけさせたまふの御旨を出仕の輩へ傳へらる。また御生母をば御部屋のかたと稱せらるよしをも仰出さる。この賀儀によて。本城より本多中務大輔忠良御使して。大納言殿に銀百枚。綿百把。三種二荷。竹千代君に正宗の御刀。堺しづの御さしぞへ

  • 宝暦12年(1762年)11月朔日、竹千代(家基。早世)の七夜の祝として家治から、「亀甲貞宗」とともに贈られる。
  • 現存し、徳川宗家が設立した徳川記念財団が所蔵する。