坂田公時

坂田金時(さかたのきんとき)  

頼光四天王の一人
幼名金太郎(きんたろう)
坂田金時

伝承  

  • 金時神社(静岡県駿東郡)に由緒が伝わる。
  • 彫物師十兵衛の娘、八重桐(やえぎり)が坂田蔵人の子供を身ごもり、天暦10年(956年)5月に誕生する。
  • まもなく父の坂田蔵人がなくなったため、金太郎は八重桐の故郷である足柄で育ったという。
  • 天延4年(976年)3月、足柄峠にさしかかった源頼光と出会い、名前を「坂田公時」と改め、家来となる。

坂田公時  

  • 京にのぼって頼光四天王の一人となる。四天王には、他に渡辺綱、卜部季武、碓井貞光が名を連ねる。
  • 永祚2年(990年)3月、丹波国大江山(現在京都府福知山市)に住む酒呑童子を退治する。
  • 寛弘8年(1012年)12月15日、九州の賊を征伐するため築紫国へ向かう途中、作州路美作勝田壮(現在の岡山県勝央町)にて重い熱病にかかり、死去。享年55だったという。

下毛野公時  

  • 藤原道長の「御堂関白記」など当時の史料によると、下毛野氏(しもつけぬうじ)に属する下毛野公時という優秀な近衛兵(随身)が道長に仕えていた。
  • この公時が、100年後の「今昔物語集」では、すでに頼光の家来として「公時」という名の郎党が登場している。
  • この後、坂田公時(金太郎)のイメージが増幅していったとされる。

関連  

  • 古くから金太郎としてのイメージが流布され、様々なものに名前が残る。
  • 「金時豆(きんときまめ)」の名前の由来であり、息子の坂田金平は「きんぴらゴボウ」の名に残る。