地蔵行平

Table of Contents

地蔵行平(じぞうゆきひら)  


行平
名物 地蔵行平
二尺五寸六分

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    地蔵行平 在銘長二尺五寸六分 無代 御物
    地蔵菩薩の彫物有之

由来  

  • 鎺元に地蔵尊を彫っていたためという。

来歴  

  • もとは足利義教の御物
    足利義教は室町幕府6代将軍。応永元年(1394年)~嘉吉元年(1441年)
  • のち北条氏綱の重代となり、鎺元に地蔵尊を彫ったという。
    北条氏綱は北条早雲の子。後北条氏2代。長享元年(1487年)~天文10年(1541年)
  • この後の来歴が不明。
  • 天正9年(1581年)4月12日、細川忠興が岳父の明智光秀を宮津城に招待した時、宴半ばにこの「地蔵行平」を贈っている。

     同四月十二日之朝 長岡與一郎殿之振舞
    一 御人数 惟任日向守殿父子 三人
      長岡兵部太夫殿父子 三人
      紹巴 宗及 宗二 道是
    一 御酒半ニ 地蔵行平之太刀 従與一郎殿
      日向殿へ御進上候也
    天王寺屋会記

    長岡兵部太夫:細川幽斎、長岡與一郎:細川忠興、惟任日向守:明智光秀のこと。細川忠興の正室ガラシャ(玉子)は光秀の娘。

  • その後、徳川将軍家所蔵となる。
  • 明暦の大火で焼ける。




地蔵行平  

太刀
豊後国行平
高松宮家所蔵

  • 豊後国、紀新大夫行平の作
  • 中心うぶ、大きく雉子股形となり先細って反りつき。
  • 佩き表の棟よりに「豊後国行平」と長銘。

由来  

  • 腰元に地蔵菩薩の彫物があることにちなむ。

来歴  

  • 高松宮家に伝来した。
    享保名物の地蔵行平とかぶっているが、銘が異なるため別物と思われる。こちらは高松宮家に伝来した。