君台観左右帳記

君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)  

室町時代の床飾りならびに中国画鑑賞に関する秘伝書
永正八年(1511年)
能阿弥相阿弥著

「君台観左右帳記」は室町将軍に仕えた同朋衆である能阿弥、相阿弥の著で、能阿弥によって整備され相阿弥によって完成されたとされる。

書名は、将軍の御座所を意味する台観に"君"を冠して敬称し、その左右を飾る品々の帳記という主旨である。

当時のわが国に盛んに舶載された中国絵画・工芸品の鑑定や座敷飾に関する秘伝書で、茶の湯や生け花に大きな影響を与えた。

内容  

天目茶碗  

建窯で作られ浙江省天目山で使われていた茶碗のこと。天目山に留学した僧が持ち帰り広まったという。

低く小さい輪高台で、全体としてはすり鉢形で口縁部がすっぽん口(鼈口)と呼ばれるくびれがあるのが特徴で、この形を天目形と呼ぶ。保温性に優れる。

当初は建窯で作られたものを指したが、その後江西省吉州窯の玳皮盞など他の窯で作られた茶碗も天目茶碗と呼ぶようになった。

高台(こうだい)が小さいため、必ず天目台(貴人台)に載せて使用する。

曜変天目
ようへんてんもく。国宝3点
油滴天目
ゆてきてんもく。国宝1点
建盞天目
福建省建窯で作られたもの
玳皮盞天目
たいひさん。江西省吉安、永和鎮の吉州窯で作られたもの。吉安天目、吉州天目とも。…曜変天目油滴天目、灰被天目、禾目天目
鼈盞天目
べっさん。これも江西省吉州窯で作られたもの。内側に文様が付けられている。…木葉天目、文字天目、鸞天目
鳥盞天目
うさん。胡盞。

能阿弥銘尽  

  • 能阿弥は刀剣書「能阿弥銘尽」を記した

関連項目  

雲州名物帳古今名物類聚