吉見左文字

吉見左文字(よしみさもんじ)  


銘 左文字 吉見正頼研上之/永禄九年八月吉日
名物 吉見左文字
2尺1寸9分(66.4cm)、反り6分
徳川美術館所蔵

  • 享保名物帳所載

    吉見左文字 磨上長二尺二寸 尾張殿
    吉見三河守源正頼所持、家康公へ上る、尾張殿へ御伝へ、表に永禄九年八月、裏に左文字吉見正頼磨上之、正頼は大内殿の幕下周防岩国石見の津和野を領す、範頼の孫也

  • 真の棟、本造り、鋩子は乱れこんで尖る。物打ちに1ヶ所切り込みの痕がある。

由来  

  • 吉見正頼所持にちなむ。

来歴  

  • 吉見正頼は戦国時代から安土桃山時代にかけての周防石見の武将。
  • 弘治3年(1557年)に周防大内氏が滅ぶと、吉見正頼は永禄9年(1566年)には毛利家の家臣となった。この頃に磨上させ、銘を入れさせている。
    銘入れは毛利元就生存中、元亀2年(1571年)に元就が亡くなっており、天正16年(1588年)に吉見正頼が亡くなっている。輝元への献上は、その晩年ごろではないかと思われる。
  • のち毛利輝元に伝わり、その後この左文字が高名であることを知っていた家康が召し上げている。
  • 家康没後、形見分けとして尾張家初代義直に伝わる。

    慶安四年卯三月 御腰物帳
    一 吉見左文字 御拵有 御鞘弐本

  • 尾張藩主二代光友のことから藩主三腰の第一に上げられ、出陣・登城・紅葉山参詣のさいにこれを佩用することになっている。そのため拵えも7種類ほど用意されていた。
  • 寛政6年(1794年)、尾張竹屋8代目の九右衛門家義に研ぎ直しを命じている。
  • 文政頃の御腰物元帳

    御大切道具
    一 名物 吉見左文字御刀 揚銘有長弐尺壱寸九分
    表ニ吉見正頼上之(ママ
    裏ニ永禄九年八月吉日
    神君より被進ト元和古帳ニ有


吉見正頼  

  • 戦国時代から安土桃山時代の武将。
  • 石見国津和野領主吉見氏第11代当主として吉見頼興の5男として生まれる。
  • 津和野の僧侶であったが、兄が不慮の死を遂げたため還俗して家督を継いだ。正室は、兄隆頼の正室であった大宮姫(大内義隆の姉)。
  • 天文20年(1551年)、大内義隆が重臣の陶隆房の謀反によって討たれると、同じ大内家臣でありながら応仁の乱以来の仇敵であった吉見氏は反陶隆房の急先鋒として挙兵する。
  • 永禄9年(1566年)には毛利家の家臣となり、清廉な性格を厚く信頼され重用される。
  • 元亀2年(1571年)に元就が死去した後は、後を継いだ嫡孫毛利輝元の補佐を吉川元春から依頼されている。
  • 天正16年(1588年)没。家督は子の吉見広頼が継いだ。
  • その後、関ヶ原の敗戦で毛利家が所領を大減知されると、吉見氏も津和野城を召し上げられ、長州阿武郡に移された。広頼の子の広長は毛利氏に反抗的で、何度か出奔する。そこで慶長17年(1612年)に吉川広家の次男を婿養子に迎え吉見政春と名乗らせ、跡を継がせている。翌18年(1613年)に死去。政春は後に毛利就頼と改名、大野毛利家を興し、子孫は長州藩一門家老として幕末まで存続した。


関連項目  

  • 鵜咋」:吉見家伝来。