古今名物類聚

古今名物類聚(ここんめいぶつるいじゅう)  

江戸後期の茶器の名器を集めた書
全一八巻
松平不昧の著

「古今名物類聚」は出雲松江藩主の松平不昧による著作。名物茶器を集めて分類した内容で、現在に至るまで茶器の評価基準を決定づけた。

概要  

越前松平家(結城秀康四男直政流)の分かれ、出雲松江藩七代松平治郷が、文化三年(1806)隠居後、不昧と号し名物道具蒐集研究に耽り「古今名物類聚」にまとめた。

茶碗・花入れ・書画など茶会に使われる茶器について、宝物之部、大名物之部、中興名物之部、名物並之部、上之部、中之部、下之部の7つに格付けし、伝来や購入年、当時における評価額、購入金額まで記録している。

一般に茶器の名物を「大名物」と「中興名物」とする分類は、不昧が「古今名物類聚」で示した基準が元になっているとされる。

寛政二年(1790)から寛政九年(1797)にかけ江戸須原屋市兵衛から四回にわけて刊行された。

関連項目  

雲州名物帳