厚藤四郎

厚藤四郎(あつしとうしろう / あつとうしろう)  

短刀
吉光名物 厚藤四郎)
刃長七寸二分、元幅六分五厘、重ね四分
国宝
東京国立博物館所蔵

  • 吉光作の短刀
  • 享保名物帳所載

    厚藤四郎 在銘長七寸二分 代金五百枚 御物
    厚さ四分あり昔し室町殿の御物なり、其後泉州堺の町人所持、本阿弥光徳百貫にて求め一柳伊豆守殿に遣さる、又其より黒田如水老へ遣され秀次公へと上る、毛利甲斐守殿拝領、嫡孫甲斐守殿より家綱公へ上る金千枚下さる寛文の初め光徳代付なり

Table of Contents

由来  

  • 厚藤四郎は「鎧通し造」と呼ばれる短刀で、長さのわりに重ねが非常に厚い。
  • 特にこの厚藤四郎は根元部分で4分(約1.1cm)もあり、珍しいためにこのような呼び名となった。

来歴  

  • 来歴概略
    足利将軍家─本阿弥光徳─一柳直末─黒田如水─豊臣秀次──┐
                                │
    ┌───────────────────────────┘
    │
    └豊臣秀吉─毛利秀元─毛利綱元─徳川家綱─一橋家

足利将軍家  

  • 足利将軍家に伝わり、9代足利義尚が長享元年(1487)年に江州出陣の際の差料と伝わる。

    香の御袷に、赤地の錦の桐唐草の御鎧直垂に、白綾の腹巻に、御腰物は厚藤四郎吉光なり并に金作の御太刀なり、廿四さしたる矢のうち、くろの御矢、上に帯びるは引かざるなり、御鞭は三所藤なり、みたらしは重藤なり、豹皮の御連貫に、御馬は河原毛なり、梨地の御鞭なり
    (長享番帳

一柳直末・黒田如水・豊臣秀次  

  • その後、堺の商人が購入し所持していたものを本阿弥光徳が百貫で購入し、一柳伊豆守直末(ひとつやなぎなおすえ)に譲ったという。
  • さらに黒田如水、豊臣秀次に伝わる。

毛利秀元  

  • 天正20年(1592年)7月、秀吉から毛利秀元に下賜。

    太閤肥前名護屋より帰洛の節赤間ヶ関にて乗船座礁したる時秀元僅かに十四歳小船を漕寄せ太閤を救ひまへらせしにより海岸の砂原にて秀元に賜りし由物語にあり

    「赤間ヶ関」とは現在の下関のこと。赤間ヶ関の由来については諸説あり、現在も耳なし芳一で有名な赤間神宮などに名前が残る。旧赤間関市は明治35年6月に下関市となった。
     この時、秀吉は母である大政所が危篤との報を受け、急ぎ帰洛中であった。この座礁事故により、危うく秀吉を遭難の目に会わせるところであったとして操船を誤ったとされる水手(かこ)頭の明石与次兵衛が切腹している。「水手切り

秀次  

  • 文禄4年(1595年)の秀次自刃の際に寵臣山田三十郎が拝領しこれで切腹したというが、すでに毛利家に渡っているため誤伝と思われる。

    二番山田三十郎あり。厚藤四郎の御脇指を拝領し、腹十文字にかき切て、首を請けしかば、うちおとし給へり。

将軍家  

  • 寛文4年(1664年)、毛利家(毛利秀元孫、長門長府藩3代藩主の毛利綱元)から徳川家綱に献上され、黄金千枚が下賜されたという。

    廿八日月次なり。松平讃岐守頼重初め就封の暇給ふもの十四人。毛利右京は家傳せし厚藤四郎の差添を獻ず。島津又四郎忠高は。亡父但馬守久雄遺物當麻の脇差をさゝぐ。

一橋家  

  • 後に一橋家に伝わり、昭和の初め頃に帝室博物館(現東京国立博物館)が購入した。
    一橋家ではなく同じ御三卿の田安家に伝来したともいう。その後本阿弥光遜が三井家に納めようとしたが、断られたため帝室博物館が買い上げたという。
  • 1956年6月28日に国宝指定。


一柳直末  

  • 一柳直末は、美濃国厚見郡西野村の土豪一柳直高の子。
  • 元亀元年(1570年)より弟の直盛とともに羽柴秀吉に仕え、黄母衣衆となる。武勇に秀で「熊」の異名をとったという。
  • 天正13年(1585年)には田中吉政・中村一氏・堀尾吉晴・山内一豊らとともに秀吉の甥・豊臣秀次(秀吉の姉日秀の子、殺生関白)の宿老に命じられ美濃国大垣城に3万石を領す。
  • 天正13年(1585年)には美濃国竹ヶ鼻で6万石、天正13年(1585年)には従五位下伊豆守に叙せられている。
  • 天正18年(1590年)小田原征伐に参加。3月29日伊豆国山中城攻めで間宮康俊の軍の銃弾に当たり戦死している。
  • なお妻は黒田職隆の娘(黒田如水の妹)であり、一柳直末は如水の義弟にあたる。この年の正月に生まれたばかりの男子は、この関係から黒田孝高に引き取られ、その子黒田長政の幼名と同じである松寿丸(しょうじゅまる。一柳松寿丸)と名付けられた。
  • 一柳家は次弟の一柳直盛が継いでおり、最終的に伊予西条藩6万8000石の主となった。直盛の遺領は3人の子である直重・直家・直頼により分割されるが、そのうち播磨国小野藩、伊予国小松藩の2家が明治維新まで大名として生き延びた。
  • 弟の一柳直盛は「一柳安吉」に名を残す。



タグ