博多藤四郎

博多藤四郎(はかたとうしろう)  

短刀
銘 吉光
名物 博多藤四郎
長八寸一分五厘
重要文化財

  • 享保名物帳名物追加

    博多藤四郎 長八寸一分半 代金二百枚 小笠原左近将監殿
    黒田忠之小倉表海上にて、古右近殿へ進せらる、博多は黒田殿領分にて、博多より出る道具故、右の通り名付るなり

  • 平造り、筍反り、行の棟。差表に護摩箸、裏に腰樋。鋩子小丸、少し返る。中心うぶ、目釘孔1個。吉光二字銘。

由来  

  • 黒田忠之が小倉表の海上で小笠原忠真に贈ったためという。
    黒田忠之は長政の子で筑前福岡藩第2代藩主。小笠原忠真は豊前小倉藩初代藩主。寛永9年(1632年)熊本52万石の加藤忠広が改易された後に細川忠利が熊本54万石で移封する。小笠原家は細川家のあとを継ぐ形で豊前小倉15万石で転封する。

来歴  

  • 正保4年(1647年)黒田忠之の嫡嗣光之は、正室に小笠原忠真の長女市松姫(宝光院)を迎えている。この関係で藤四郎を贈ったと思われる。
  • 贈られた小笠原忠真は、これと郷義弘を惜しげもなく陣刀拵えとした。
    • 本阿弥光室が、郷義弘は七千貫、藤四郎は五千貫もする高価な刀であり陣刀になさるのは珍しいことだといったが、忠真は「亡き父も兄も大坂夏の陣で討ち死にしており、武士は最期が大切であるため名刀でも陣刀にするのだ」といったという。
  • 以降、小笠原家に伝来。
  • 昭和6年(1931年)12月14日に旧国宝重要文化財)指定。

    刀剣 短刀 銘 吉光 一口
    伯爵小笠原長幹
    (昭和8年文部省告示第三三二號)

  • その後、渋谷区代々木の刀剣博物館所蔵。
    文化遺産DBのページでは2015年7月まで刀剣博物館所蔵という記述が確認できたが、その後所有者が変わった模様で、現在国指定文化財等DBのページでは所在都道府県が「東京都」とのみ書かれている。
     いっぽう福岡県庁の福岡県指定文化財目録のページでは2015年5月1日現在の情報として、福岡市の個人蔵となっている。いずれが正しいのかは不明。


タグ