南総里見八犬伝

南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)  

曲亭馬琴作の長編読本
里見八犬伝、八犬伝とも
全98巻106冊

  • 江戸時代の戯作文芸の代表作で、上田秋成の「雨月物語」などと並び称される日本の長編伝奇小説の古典の一つである
  • 数々の由来を持つ名刀が登場する。
Table of Contents

概要  

  • 室町時代後期の関東地方を舞台に、里見家の勃興と伏姫(ふせひめ)と八房(やつふさ)の因縁、八犬士たちの流転と集結、関東管領・滸我公方連合軍との戦いを経て大団円を迎える。
  • 抄訳本では、京都での物語や管領戦以降が省略される。
  • 馬琴は、この物語の完成に48歳から75歳に至るまでの後半生を費やし、途中失明という困難に遭遇しながらも、息子宗伯の妻であるお路の口述筆記により最終話まで完成させた。

あらすじ  

  • 安房国里見家の伏姫と、8人の若武者八犬士を主人公とする。
  • 長禄元年(1457年)、隣接する館山の安西景連に攻められ落城間近のとき、里見義実は飼い犬の八房(やつふさ)に、「景連の首を取ってきたら娘の伏姫(ふせひめ)を与えよう」と戯れをいう。
  • 見事景連の首を取ってきた八房に、伏姫は自ら八房を伴い南総富山(とみさん)に入る。読経の日々を過ごす中、山中で出会った仙童から、八房がかつて里見義実が殺した玉梓の呪詛を負っていたこと、読経の功徳によりその怨念が解けたこと、さらに八房の気を受けて胤を宿していることを告げられる。
  • 懐妊を恥じた伏姫は、折しも富山に入ってきた里見義実の前で割腹し、胎内に犬の子がないことを証す。
  • その傷口から流れでた白気は、伏姫が身につけていた数珠を空中に運び、仁義八行の文字が記された八つの大玉を八方に飛散させる。
  • その時同行していた金碗大輔(かなまり だいすけ)は後を追い自害しようとするが、里見義実はそれを押しとどめる。金碗大輔は僧体となって「丶大(ちゅだい)」と名乗り、八方に散った玉を求める旅に出る。

八犬士  

  • 「犬」の字を持つ8人の若武者が主人公として登場する。
    また金碗大輔の「丶大(ちゅだい)」も犬の字を分解した名前となっている。
  • 8人はそれぞれ、「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」の文字がある数珠の玉(仁義八行の玉)を持ち、牡丹の形の痣を身体のどこかに持っている。
  • 関八州の各地で生まれた八犬士は、それぞれ辛酸を嘗めながら因縁に導かれつつ互いに出会い、里見家の下に結集する。

八犬士一覧  

犬塚信乃 戍
孝の珠。左腕に牡丹の痣。足利家の宝刀村雨丸、脇差桐一文字。父は犬塚番作。先に生まれた子供が夭折したため、「性別を入れ替えて育てると丈夫に育つ」という言い伝えにより女として女装して育つ。
犬川荘助
義の珠。背中に牡丹の痣。父親は北条の荘官・犬川衛二則任。犬塚信乃が引き取られた大塚家の下男「額蔵」。
犬山道節
忠の珠。左肩に牡丹の痣。火遁の術を使いこなす。父は煉馬家重臣・犬山道策貞与。煉馬氏は豊島氏などとともに扇谷定正に滅ぼされ、父の復讐を誓い、扇谷定正を付け狙う。村雨丸をすり替えた網乾左母二郎から刀を取り戻し、信乃に返す。
犬飼現八
信の珠。右の頬先に牡丹の痣。小文吾とは乳兄弟。偽の村雨丸を献上しようとして追われる身となった犬塚信乃と、芳流閣内の物見櫓「芳流閣」で取っ組み合いをして利根川上の舟に落ちる。
犬田小文吾
悌の珠。尻に牡丹の痣。犬江親兵衛は甥。
犬江親兵衛
仁の珠。脇腹に牡丹の痣。小文吾は伯父にあたる。
犬坂毛野 胤
智の珠。右肘から二の腕に牡丹の痣。千葉氏の重臣・粟飯原胤度の妾の子。八犬士随一の策士。
犬村大角
礼の珠。左胸に牡丹の痣。父は下野の郷士赤岩一角。

関係系図  

 (千葉氏家臣)金碗八郎───大輔(丶大)

 (千葉氏家臣)粟飯原胤度──犬坂毛野

            ┌犬村蟹守儀清──雛衣
            └─母      │
              ├─────犬村大角
             赤岩一角     │
                      │
真里谷入道静蓮─五十子           │
         ├───┬伏姫(伏姫神) │
         │   │        │
         │   │     ┌鄙木姫(三女)
里見季基───里見義実  └里見義成─┼里見義通
               │   └次丸実堯
               │
               ├──浜路姫(五女)
       ┌下河辺為清─盧橘
       │(従弟)      犬飼糠助──犬飼現八
猪隼太末裔……┴井丹三直秀─手束   ︙(隣人)
               ├──犬塚信乃
           ┌犬塚番作   │
(鎌倉公方家近習)  │(異母妹)  │
   大塚匠作三戍──┴─亀篠    │
              ┝━━━浜路
            大塚蟇六   ↑
      犬川荘助         ︙
      (下男額蔵)       ︙
                   ︙
                 ┌浜路(正月)
          犬山道策貞与─┴犬山道節
                   ↑乳母
                  音音   ┌─力二郎
                   ├───┤  ├─力二郎
                 姨雪世四郎 │┌曳手
                       │└単節
                       │  ├─尺八郎
                       └─尺八

    杣木朴平──妙真──山林房八
     ↓殺害       │
   ┌那古七郎       ├──犬江親兵衛(大八)
   └古那屋文五兵衛──┬沼藺ぬい
             └犬田小文吾

概念  

名詮自性(みょうせんじしょう)  

  • 名がそのものの性質を表していることを示す。八犬伝の物語世界において予め定められた宿命があり、名前の意味が解き明かされることによりその因果が成就したことを示す。伏姫の名は、「人にして犬に従う」ことを示しており、犬江親兵衛の両親である房八・沼藺(ぬい)夫婦の名は、それぞれ「八房」と「いぬ」を転倒させたものである。同様の名詮自性は作中に数多く登場する。

如是畜生発菩提心(にょぜちくしょう ほつぼだいしん)  

  • ()くの如く畜生、菩提心を(おこ)すの意。
  • 八房が里見義実の約に従い安西景連の首を取ってきた後、伏姫の数珠にあった「仁義礼智忠信孝悌」に代わって浮き出た文字。八房に取り憑いた玉梓の浄霊とともに文字は元に戻る。
  • この出典は梵網経であり、そこでは「()是畜生発菩提心」となっている。この場合、(なんじ)()の畜生、菩提心を(おこ)せとなる。梵網経では、この世の生きとし生けるものは畜生を含め菩提心を起こさせなければならないと説いているが、滝沢馬琴は畜生を含めた衆生が自ら菩提心を起こすといっているのである。伏姫の捨身により八房の呪いは解け、それとともに仁義八行の玉が八方へ飛散する。

里見八犬伝に登場する刀  

  • 犬塚信乃の持つ「村雨丸」が高名。次のような刀が登場する。

村雨丸(むらさめまる)  

  • 足利家の宝刀。「叢雨丸」
  • 足利尊氏から関東管領足利持氏に伝来。永享11年(1439年)に自害して果てると近習の大塚匠作三戌が持ち、下野結城城に逃げ込んだ。嘉吉元年(1441年)4月そこも落城したため、16歳の番作一戌に村雨を託し脱出させた。
  • 番作は旧領の武蔵大塚に帰り、名を犬塚と改、長男信乃戍孝に村雨丸を譲る。
  • 鞘から抜くと刀身に露が浮かぶ奇瑞があり、このことから「抜けば玉散る氷の刃」と言われる。

落葉(おちば)  

  • 犬川家の重宝。もとは千葉自胤の家臣栗飯原胤度が寛正4年ごろに鎌倉で「小篠」とともに購入し、千葉自胤に献上した。
  • これで人を斬ると、秋でなくとも木の葉がぱらぱらと落ちてきたという。

桐一文字の小刀と太刀(きりいちもんじ)  

  • 犬塚家の重宝で犬塚匠作の佩刀。
  • 娘の亀篠が守刀としてもらい、甥の犬塚信乃が所持する。叢雨丸を奪わせるため、この短刀を投げつける。
  • 太刀は、匠作戦死の際に遺体とともに埋めるが、庵主が文明15年に掘り出すと刀が出てくる。10日ほどのちに信乃が参詣し買い取る。これで大小揃うことになる。

木天蓼丸(またたびまる)  

  • 短刀。
  • 享保のころ、上州白井城普請の際に新たに井戸を掘った所、地中から刃長九寸五分の短刀が出てきた。この柄や鞘が木天蓼(またたび)でできており、かつ魚葉牡丹の赤胴目貫がついていたため犬村大角礼儀の養父、儀清の蔵刀だと判明する。
  • 長尾家の重宝。

大月形(おおつきがた)  

  • 「大月像」とも。南総里見八犬伝に登場する太刀
  • 安房滝田城主、里見義実秘蔵の太刀。小刀の小月形(こつきがた)もある。文明15年の関東管領との戦いでは、義実嫡子義成がこれを帯びて出陣した。

小月像(こつきがた)  

  • 犬江親兵衛が、主君里見義実より富山における戦功として拝領した短刀。

狙公(さるびき)  

  • 安房滝田城主里見家の重宝。
  • 里見季基がまだ上野の小領主であったころ、に猿牽き朝暮七が大ジャニ襲われているのを救った礼に献上された刀。なかごには「退蛇之神力」と入っており、季基は「狙公」と名付け常に帯びた。
  • 上杉家に滅ぼされた後、その遺骨と狙公を親交のあった宝珠和尚が秘かに隠し持っており、文明15年(1483年)季基の追善供養の際に里見家の遺臣に返した。
  • 刃長二尺余り。鎬地に「依弓馬之力不料所得公之刀 源季基」と切りつけてあったという。
  • のちに犬塚信乃がこれを預かり、季基の嗣子義実に渡す。

若鮎(わかあゆ)  

  • 管領細河政元が持つ名刀。
  • 室町幕府の管領細川政元の命による武芸試合において、勝ちを納めた犬江親兵衛が政元から拝領した太刀

鉄切り(くろがねぎり)  

  • 刀工木瓜八(ぼけはち)の作った刀。人魚の膏油をぬっており、鉄でも斬れたという。文明15年関東管領方が水中に張った鉄の鎖を里見型の満呂重時らはこれでやすやすと断ち切り快勝する。

赤岩一角の形見の短刀  

  • 後に子の犬村大角が所持する

伏姫自害の懐剣  

  • 後に犬江親兵衛が所持する

小篠(おざさ)  

  • 千葉自胤の家臣飯原胤度が寛政4・5年ごろ鎌倉で「落葉」とともに購入。自胤に献上したもの。柄の縁金が雪篠の図になっているため命名された。

原文など