北野江

北野江(きたのごう)  


金象嵌銘 江磨上 光徳(花押)
2尺3寸(69.8cm)
東京国立博物館所蔵

  • 郷義弘の作
  • 享保名物帳所載

    北野江 象嵌銘二尺三寸分半 代五千貫 松平加賀守殿
    泉州堺にて光瑳光益両人にて求め、光徳千五百貫に極める、慶長十九年の夏、利光卿御逝去御継目のため御息利常卿江戸駿府へ御下りの時、光瑳名古屋迄御見舞に罷出其節右刀持参申召上らる、其後御上洛の刻利常卿北野松梅院御旅館神谷川の末にて御試し大切れなり

由来  

  • 入手した前田利常が、北野松梅院で試斬をしたため。

来歴  

  • 光徳は、忠に金象嵌を入れている。

    江磨上 光徳(花押)

  • 慶長19年(1614年)の夏に前田利長(利家長男)が逝去し、養嗣子である前田利常が相続届けのために江戸に下る際、本阿弥光瑳が名古屋まで襲封見舞いに出てきてこの刀を見せ、利常がそこで買い上げたという。
  • その後、北野天満宮松梅院の宿に泊まった折に試斬りを行い、紙屋川のほとりで試し切りをやらせ、切れ味が良かったためその場所の名をとって「北野江」と名づけたという。なお北野松梅院は前田家の祖神を祀る。
  • 異説に、北野参詣の折に買い求めたともいう。
  • 享保名物帳のころには五千貫に上がっている。前田家ではこれを江戸藩邸においていたようで、文化9年(1812年)に本阿弥長根がお手入れした記録が残る。
  • のち、明治43年7月9日、前田公爵邸に御成のさいに、前田家から明治天皇に献上された。
  • 昭和8年遊就館出展時は御物

    御物 名物越中国義弘御太刀 壱口 北野郷ト称ス