分部志津

分部志津(わけべしづ)  


無銘 志津(名物 分部志津)
2尺3寸3分(70.6cm)
重要文化財
個人蔵(徳川美術館寄託)

  • 志津三郎兼氏は、大和から美濃国志津に移住した刀工
  • 享保名物帳所載

    分部志津 長二尺三寸三分 千五百貫代付 紀伊殿
    由緒不知、分部殿御家より出る由なり慶長三究

  • 表裏に樋をかき透す。差表の中程から二寸ほど上に刃がらみ。裏には刃区より四寸上に膨れ。中心大磨上、目釘孔1個。
Table of Contents

由来  

  • 分部左京亮光嘉(伊勢上野藩初代藩主)が所持したことから「分部志津」とよばれた。

来歴  

分部氏  

  • 分部光嘉は、豊臣秀吉から一万石を受けて伊勢上野城主となる。
  • 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦では徳川家康に味方し、会津征伐に従軍している。
  • しかし伊勢上野城および安濃津城が西軍に囲まれ、急遽帰国。総勢3万の西軍に対して城方はわずか1700人と兵力差が大きかったが奮戦し、木食応其が仲介となって西軍と和平し安濃津城は開城した。戦後に東軍加担したことを買われ、所領安堵となる。
  • そのとき「志津」は分部氏から家康に献上される。

家康  

  • 家康は、これに拵えを付け白鮫の柄をつけ牛の図の赤胴目貫をつけ革巻きとし、鍔は車透かしの鉄鍔、鞘は蝋色塗りで、古後藤の赤胴、七子地、牛の図柄の小柄と笄をつける。

    中之御腰物 志津 分部光嘉カ
    駿府御分物帳

紀伊徳川家  

  • 後に紀州家初代頼宣に贈られ、拵えを新調している。
  • 家康と頼宣それぞれの打刀拵が附属する。
  • 慶安3年(1650年)、紀州家から本阿弥に鑑定に出され、千五百貫の折紙を出している。




分部左京亮光嘉  

  • 北伊勢に勢力を張った長野氏の支族、細野藤光の次男として生まれる。
  • 同じ長野一族の分部氏の当主光高に実子が無かったため、その養嗣子として後を継ぐ。
  • 永禄12年(1569年)、織田信長の伊勢伸長に際して主君長野具藤を追放し、織田信包(信長弟)を長野氏の当主に迎え入れる。
    同様に、北畠家は信長の次男茶筅丸(織田信雄)に北畠具房の妹の雪姫を婚姻させ、養嗣子とした。元亀3年(1572年)に茶筅丸は元服し北畠具豊(信意)と改名する。
  • 元亀元年(1570年)、織田信包の指示により安濃津城の仮城として伊勢上野城を築城。完成した安濃津城に信包が移った後、上野城は安濃津城の出城となったが、その後も分部光嘉は伊勢上野城主として信包に仕えた
  • 旧北畠家臣・長野家臣の中には承服しないものがおり、甲斐武田家の西上に合わせて誼を通じていた。
  • これは信長の知るところとなり、天正4年(1576年)11月には北畠一族の抹殺を画策する。旧北畠当主が隠遁していた三瀬御所および田丸城において、北畠一族および家臣らが誅殺された(三瀬の変)。
  • 天正10年(1582年)6月、本能寺の変で信長と信忠が殺害されると、織田信包は豊臣秀吉に従う。分部光嘉も信包家臣として仕える。
  • しかし天正18年(1590年)の小田原征伐のときに北条氏政・氏直父子の助命を嘆願したため、信包は秀吉の怒りを買ってしまう。
  • 文禄3年(1594年)、織田信包は豊臣秀吉によって改易され、残っていた長野氏の一族や家臣団は離散する。しかし分部光嘉は豊臣家の直参となり、伊勢上野城1万石を領す。
  • 慶長2年(1597年)、従五位下左京亮に任じられ、豊臣性を賜る.
  • 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは徳川家康の会津征伐に従軍したが、西軍挙兵の報を受け急ぎ帰国し安濃津城を守備する。
  • 安濃津城の戦いでは総勢3万の西軍に対して安濃津城に籠城して守りぬき、戦後その功により2万石に加増されたが、翌慶長6年(1601年)11月29日安濃津城の戦いのときに受けた傷がもとで死去した。享年50。
  • 分部光嘉の長男光勝は早世していたため、娘婿に当たる長野正勝の子で外孫にあたる光信が養嗣子として跡を継いだ。
  • 分部氏は元和5年(1619年)8月に近江大溝藩主となるが、養子を度々迎え江戸時代中頃には血縁的に断絶した。近江大溝藩は幕末まで続いた。