内覧

内覧(ないらん)  

  • 天皇に奉る文書や、天皇が裁可する文書など一切を先に見ること、またはその令外官の役職。

宣旨  

  • 摂政・関白は内覧の宣旨が下されるが、摂政・関白ではない左大臣・右大臣・内大臣、または納言級にも内覧の宣旨が下される場合もある。
  • 五摂家分立後は、摂関経験者に内覧の地位を与えて現職の摂関とともに政務に参与させた例も見られる。

実例  

醍醐天皇  

  • 摂政・関白が置かれず、藤原時平・菅原道真が内覧となった。

冷泉天皇  

  • 摂政藤原伊尹が亡くなると、弟の藤原兼通が関白となることになったが、未だ中納言の官で関白就任の要件を満たしていなかったために、一旦内覧・内大臣に任じられて後日内大臣の資格で改めて関白に任じられた。

一条天皇  

  • 関白藤原道隆が重態となり、嫡男伊周が道隆が回復するまでの期間限定で内覧となった。だが、道隆は他界して伊周の内覧も停止された。
  • その後、道隆の後を継いだ弟の藤原道兼も他界して、もう一人の弟・道長と伊周が後継関白を争ったが、一条天皇は道長を内覧として決定を先送りとした。道長も太政官を政治的基盤として維持するために関白就任を望まず、道長が孫の後一条天皇の摂政に就任するまでの20年間「内覧左大臣」として最高権力の地位に座り、摂関不在状態が続いた。

堀河天皇  

  • 関白藤原師通が38歳の若さで薨じたが、嫡男の忠実は未だ権大納言であったため関白の資格がなく内覧となった。忠実は翌年右大臣に任じられ、更にその五年後にようやく関白となった。

近衛天皇  

  • 摂政藤原忠通が父忠実の怒りを買って、藤氏長者の座を弟の頼長に奪われた折、忠実から天皇に対して忠通の関白解任を求められたが、院政を行っていた鳥羽法皇の介入で忠通の関白留任と引き換えに頼長にも内覧の宣旨が下った(関白と内覧が並存する事はこれまでありえなかった)。
  • だが、鳥羽法皇も忠実の人事介入には内心不快感を抱き、近衛天皇が急死すると直ちに頼長を内覧から解任し、後の保元の乱の一因となった。