八領の鎧

八領の鎧(はちりょうのよろい)  

  • 源頼義、源義家の頃からの源氏相伝の鎧。

来歴  

  • 六条判官源為義が、最期の合戦となった保元の乱の時に、代々相伝してきた鎧を一領ずつ五人の子どもに着せ、自分は薄金を着けたという。さらに源太が産衣と膝丸とは、源氏正嫡に代々伝わるものであるとして雑色の花澤に託し、(保元の乱で敵対することになった)下野守源義朝の元へと遣わしたという。
  • 別の書によると、保元の乱において源義朝は内四領(膝丸、八龍沢瀉源太が産衣)を受け継ぎ、自身は八龍を着用したという。
  • また平治の乱においては、源義朝は膝丸、源義平は八龍、源朝長は沢瀉、源頼朝は源太が産衣を着用したという。
-源太が産衣八龍沢瀉膝丸薄金月数日数楯無
保元の乱源義朝源為義源頼賢
平治の乱源頼朝源義平源朝長源義朝源義朝

五郎掃部助頼仲、賀茂六郎為宗、七郎為成、源九郎為仲のいずれか
楯無は、甲斐源氏武田氏伝来。薄金月数日数は不明。