八幡正宗

八幡正宗(はちまんまさむね)  

短刀
銘 南無八幡/正宗
刃長八寸七分

  • 相州正宗短刀
  • 中心うぶ、目釘孔1個。
  • 差表に「南無八幡」「正宗」と入る。

由来  

  • 「八幡より出る」とあり、近江国八幡から出たものとされる。

来歴  

  • 埋忠押形によれば、もとは信長所持でのち家康に贈っている。
  • いつごろか、家康は加賀前田家に与えたと見える。
  • のち寛永10年(1633年)12月、家光の養女阿智姫(清泰院、徳川頼房の四女)が前田光高に輿入れした際に、光高の父前田利常が、豊後行平太刀、「五月雨江」とともに献上している。