八八王

八八王(ぱちぱちおう)  

太刀
粟田口国吉

  • 八々王、「やつはちおう」とも

由来  

  • 延元元年(1336年)、足利尊氏再入洛のころ、京都阿弥陀ヶ峰の戦いで、駿河今川氏の初代今川範国が振るった太刀
  • 今川範国は、伊勢国の愛曽(あいそ)という大力の者と戦い、兜の鉢と半首を真っ二つに切った為、名付けたという。
    半首(はつむり)とは、額から両頬を防護する鉄製の面具

その頃大御所(足利尊氏)は東寺の御陣なり。先皇(後醍醐天皇)は山門に御座なり。四方の口々を宮方より塞ぎしかば、味方兵粮難儀にて、東は関山阿弥陀が峰、南は宇治路、西老の山、北は長坂口などに連々大将をつかはして破られしに、故入道殿(今川範国)、阿弥陀が峰に向ひて、諏訪今比叡の前にて戦ありて追ひ払給ひし時、左の肩先を射られ給ひき。
その二三日ありて四宮河原に勢を向けられけるに、重ねて故入道殿が向れしかば、鎧の射向の袖を解きて向かひ給ひしに、まづ坂口には仁木右馬助義長、今の右京大夫なり。三井寺路めぐり地蔵には故殿向給ひしに、義長云ふ「今日は逃げず継ぐの戦なるべし」と云ひければ、故殿「勿論」と返事ありき。
終日両所合戦に仁木手退く間、相坂手より伊勢国愛曾といふ大力の者只一騎うしろより来けるを、前のたゝかひの隙なきに是を知給はず、故殿の御あとに控へられたる安芸入道殿の甲のしころを切り落としければ落馬なり。ならびて控へたる範氏の卅六さしたる大征矢を払切りにしてけり。
その時故殿馬を立て直して、先づ太刀をおられしに、愛曾甲の鉢をわられて馬の平首に平みて太刀にて払けるに、左の御籠手の二の板を切りて前なる敵の中に分け入けり。その時此戦もやみけるなり。
後に故殿家人殿村平三と云ふ者、愛曾が知音にて、此甲の鉢と半首を取出て見せて、「今川殿はいかなる剣を持ち給ひて、随分某がためしたる甲と半首をわり給ひて、鉢巻き切て頭にすこし疵をかうぶりき。眼くらく成りしかば引退し」と語りき。
それより此太刀を八々王と名付け給ひしなり。八を二つ重ねたる故なりと仰せられしが、この太刀も籠手も故総州(今川範氏)所望して今相伝なり。太刀国吉が作なり。
(難太平記)

来歴  

  • のち、範国嫡男の今川範氏(高名な今川了俊の兄)が所望して相伝。