光悦刀剣名物帳

光悦刀剣名物帳(こうえつとうけんめいぶつちょう)  

本阿弥光悦
慶長二十年(1615年)~寛永十四年(1637年)の成立
170口

  • 慶長20年の大坂落城時罹災の刀剣は未記載
  • 後に出版される「享保名物帳」の「焼失の部」記載刀剣51口で、かつ明暦の大火で罹災する刀剣の28口が、焼身ではなく健全刀として記載されている。
    光悦刀剣名物帳 ⇒ 明暦の大火[明暦3年(1657年)] ⇒ 享保名物帳[享保年間(1716年~)]
     (健全28口)← ← ← ← ← ← ← ← ← ← ← ← (焼失の部51口)

明暦の大火罹災刀剣  

国吉
太子屋国吉
吉光
骨喰藤四郎豊後藤四郎新身藤四郎鎬藤四郎(凌)、米沢藤四郎樋口藤四郎庖丁藤四郎
【国行】
不動国行
来国次
青木来国次三斎来国次
正宗
三好正宗長銘正宗(江戸)、八幡正宗横雲正宗対馬正宗江雪正宗伏見正宗
【江】
三好江上杉江、紀伊江、上野江西方江蜂屋江
【左文字】
義元左文字
行平
北野紀新大夫行平、秋田紀新大夫行平注連丸行平

関連項目