光山押形

光山押形(こうざんおしがた)  

刀剣書
乾坤二巻

  • 古刀2727本の押形が載っている押形本
  • 実は子の本阿弥光貞の著。

    此写者恵照院忠庵数年丹誠ヲ以テ写置者也
            本阿弥光山法橋
               忠庵親信
             重郎右衛門親清

    • 恵照院忠庵とは光山の子光貞の法名。重郎右衛門とは光貞の子の光顕のこと。
  • この本の原本は明治まで光山の子孫である本阿弥長識の家に伝来した。長識の子、親善が借金を作ったためにこれを売り払ってしまい、それを松方正義の舎兄である久保之昌が買い取っている。
  • のち大正6年に中央刀剣会で出版したときに、誤って「光山押形」と名付けてしまったために誤って流布したという。

所載刀剣  

一之巻  

名称説明
1鳴狐「左兵衛尉藤原国吉」「古刀大全」にも載る
2不動正宗短刀
3不動国行太刀
4来孫太郎作「正応五年辰八月十三日」二尺五寸五分半
5不動行光不動立像に矜羯羅童子と制多迦
9一文字則宗生中心、目釘孔2個、二尺三寸六分強。侯爵鷹司家
17備前景光景政合作刀河村伯爵から献上され御物
17同両作太刀寛文3年将軍家綱が日光参りの折に奥平家御成の時に拝領
19吉包の太刀磨上「吉包作」
20庖丁正宗短刀「会津下野守(蒲生忠郷)」内藤家から売立
20長光太刀熊野三所権現長光」朽木家。将軍吉宗より拝領
22大和志津包氏九寸一分半。牧野家
25備前長船基正一尺一寸。生中心目釘孔3個
29備前国長船長重一尺一寸。高木復氏蔵
30根本中国俊?「古刀大全」所載
38備前長船左京進宗光男爵川田小一郎
43備後左兵衛允正光「文和三年三月日」九寸八分
48一文字の吉安二尺三寸。岩崎家
52備前長船守家造二代守家。京都阿武少将
53大包平二尺九寸六分。備前池田家旧蔵
53加州藤原家政短刀「応永九年二月二十六日」八寸四分
53備州長船住守長平造短刀
55骨喰藤四郎
63友成太刀嘉禎□年五月六日友成」将軍家、伝通院、岩崎家
63兼元まこ六作二尺三寸三分
70来国次「三位」因州池田家。福地源一郎、萩昌吉
72二字国俊二尺五寸六分半。「古刀大全」「埋忠家押形」所載。郡山柳沢家、御物
73相州住広次作「松平長門守殿より来り二枚五両に成る」男爵川田小一郎
80真景二尺二寸五分
87安行二尺六寸。小浜酒井家伝来
87粟田口左兵衛尉国光二尺三寸。宗伯爵家
102備前国長船住兼光二尺六寸七分。「建武三年丙子十二月日」八幡大菩薩。山内豊景侯爵旧国宝
103新太郎一文字宗吉のことという。二尺三寸五分。岩崎家
104大石左筑前大石左の武永・教永合作。一尺六寸。刀屋網屋
111備前真長一尺九寸七分。岩崎家

二之巻  

名称説明
1備前長船倫光「康安二年卯月日」短刀。一尺一寸
4綾小路定利二尺六寸。備後福山阿部家から献上され御物
10阿蘇の蛍丸三尺三寸四分。なお小刀は書かれていない。※欄外注
16備前一文字貞真二尺三寸。家光から信州諏訪家、分家、売立
20備前国助包「松平下総殿直刃に少々づつ乱るる十枚の折紙あり」小倉藩主小笠原家
21備前国助包20頁と同物
21備前一文字吉平二尺五寸五分。戸田次郎兵衛掘り出しの刀、井伊殿へ。
39備州長船住長重短刀
59備前国友房磨上、中心先に二字銘。刀銘。
60山城国信国短刀。土屋相模20枚の極め。川口武定氏
61備前国尚宗肥前大村家
72古備前利恒二尺五寸三分半
75備州長船守光二尺六寸一分。寸延び刀。男爵岩崎家
75備前長船政光「至徳二年三月日」二尺二寸五分榎本子爵が慶喜から拝領。桂子爵
77古備前助平二尺四寸六分。岩崎家から広島大本営に献上

注記  

  • 阿蘇の蛍丸について
    蛍丸には、小刀が付属しておりかつては阿蘇家に両方そろっていたという説がある。しかしこの光山押形では小刀について触れられていない。光山押形は光山子の光貞により集められた押形ということを考えると、元禄頃?にはすでに阿蘇家から出ていた可能性がある。ただし、寛政年間発行の集古十種ではペアの太刀姿が描かれている。

関連項目