倶利伽羅郷

倶利伽羅郷(くりからごう)  

短刀
在銘
九寸三分

  • 郷義弘の作
  • 差表に太い樋のなかに真の倶利伽羅が浮き彫りにされている。裏は不明。
  • 平造り。生ぶなかご、目釘孔1個。

由来  

  • 差表に倶利伽羅が浮き彫りにされていることから号された。

来歴  

  • 越前朝倉家所蔵。
  • のち明智光秀が入手し秘蔵する。
  • 本能寺の変の後、山崎の戦いで敗れた明智左馬助は坂本城へ入る。
  • 坂本城が秀吉軍に包囲されると、明智左馬助は名宝が失われることを惜しみ、「不動国行」や二字国俊、「薬研藤四郎」を投げ下ろし、堀秀政(名人久太郎)に託している。
  • この時高名な「倶利伽羅郷」がなかったため堀久太郎がこれについて問いただしたところ、「郷の刀は日向守(光秀)存生中常々命もろともと秘蔵致したる道具なれば、吾等腰にさし死出の山にて日向守へ相渡し申すべし」といい、そのまま天守に火を掛けて自殺した。
  • 焼落た後に城中を捜索したが、「倶利伽羅郷」の刀はとうとう見つからなかったという。