佐藤行光

佐藤行光(さとうゆきみつ)  

短刀
無銘
八寸四分
重要美術品

  • 享保名物帳所載

    佐藤行光 無銘長八寸四分 代金百三十枚 松平左京大夫殿
    昔佐藤勘右衛門殿所持

  • 附、吉岡因幡介作金哺〆飾鼠三所物脇差拵。
  • 本阿弥光温の寛永20年11月、百三十枚の折紙が附く。
  • 平造り、三ツ棟、無反り。重ねやや厚い。目釘孔2個。

由来  

  • 佐藤勘右衛門堅忠所持にちなむ。
    美濃国加茂郡の佐藤氏。斎藤道三亡き後は加治田城主佐藤忠能と共に行動し、のち養子となる。斎藤利治、斎藤利堯に仕え、森忠政の推挙により秀吉に仕える。主に普請奉行として活躍し、のち家康にも仕えた。文禄3年伏見城普請奉行、慶長12年駿府城普請奉行などを務めた。

来歴  

佐藤堅忠  

  • 佐藤堅忠は秀吉家康に仕え、慶長17年(1612年)没。
  • 本阿弥家の鑑定により、相州行光の極めで金百枚の折り紙をつけ、家康が召し上げた。

紀州家  

  • 元和7年(1612年)紀伊藩主徳川頼宣が帰国挨拶の際に拝領。※元和元年とも。
  • 寛永20年(1643年)11月には本阿弥光温により金百三十枚に改められる。

伊予西条藩  

  • 承応3年(1654年)12月25日、頼宣の次男松平頼純が左少将左京大夫に叙任されたのを祝してこれを与えている。
  • 寛文10年(1670年)、松平頼純は伊予西条藩主(紀州連枝)となり、以後同家に伝来した。

昭和以後  

  • 昭和9年(1934年)、業者の斉藤栄寛が同家から購入し、同年に水町袈裟六家(枢密顧問官)の入札が行われた際に差し入れ、業者の岸本勘之助が1798円で落札。
  • 翌昭和10年(1935年)8月3日に重要美術品指定を受ける、東京市斎藤茂一郎氏所持(京都府岸本勘之助氏旧蔵)。
  • 現存