但鳥跖六業因

但鳥跖六業因(ただとりせきろくなりより)  

  • 室町期にいた胆吹山(伊吹山)の盗賊
  • 子は但鳥源金太素藤。ほかに桁渡旋風二郎、井栗苛九郎、礪時願八業當、平田張盆作與冬などの手下がいたという。
  • 南総里見八犬伝」に登場し、妊娠中の女を攫って腹を裂き、退治を蒸して喰い炙っては酒の肴にしたという。ある時腹の中から声がし長年の悪事を喋りだしたため、室町将軍家の市正、高梨六郎左衞門尉職徳に捕らえられたという。