会津正宗

会津正宗(あいづまさむね)  


無銘大磨上(名物 会津正宗)
2尺1寸6分
刃長65.2cm、反り1.3cm
御物
山里御文庫 御剣庫蔵(宮内庁管理)

  • 享保名物帳所載

    会津正宗 磨上長弐尺壱寸六分 不知代 御物
    表裏樋、会津を領す蒲生飛騨守氏郷卿 代四百貫に被求 秀行卿へ伝う
    家康公へ上る 尾張大納言義直殿へ被進 秀忠公へ上る
    又為御遺物御拝領 又源慶老御隠居之刻上る

    • ※ここでの御物とは徳川将軍家御物を指している。
  • 鎬造、庵棟、身幅広く反り浅く、やや大鋒。
  • 表裏に樋先の降った棒樋を掻き流す。
  • なかご大磨上、栗尻。目釘孔2個。

由来  

  • 号は会津を領した蒲生氏郷の所持したことから。

来歴  

蒲生氏郷  

  • 蒲生氏郷が400貫で買い取り、埋忠明寿に金具を作らせている。氏郷から嫡子秀行へ伝わった。

家康  

  • 蒲生秀行が慶長17年(1612年)に早世すると、遺物として家康に献上される。

義直・秀忠・義直  

  • のち、家康から尾張大納言義直へ、義直から徳川二代の秀忠へ献上。
  • 秀忠の薨去により、遺物分けとして寛永9年(1632年)再度義直へ贈られる。

    (寛永9年正月)この日御遺物とて、尾邸へ会津正宗の御刀并一休面壁の掛幅、水邸へ切刃貞宗の御さしぞへ、俊成定家両筆の掛幅を賜ふ

将軍家  

  • さらに元禄6年(1693年)4月に尾張光友(義直の嫡男、2代尾張藩主)が隠居の挨拶で登城した際に再び将軍家へ献上しており、このことが鞘書きに残る。

    元禄六酉年四月廿八日御隠居御禮之時 會津正宗御刀 代金三百枚 貳尺壱寸五分餘 反四分餘 尾張大納言上

    廿八日大納言光友卿隱退を謝せられ拜謁あり。會津正宗の刀。圓悟墨跡掛幅。茶入(久我肩衝)。儀刀。馬資金。時服三十獻ぜられ。
    (徳川実紀)

有栖川宮熾仁親王  

  • 明治維新ののち明治12年(1879年)12月30日に大久保一翁の取次で有栖川宮熾仁親王の所有となる。

明治天皇  

  • さらに明治18年(1885年)12月27日、明治天皇が有栖川宮邸へ行幸の折に熾仁親王より献上された。

    明治十八年 乙酉
    十二月廿六日 有栖川宮邸 麹町霞ヶ関  金千両並銀杯等を給ふ

    この「有栖川宮邸」は、現在の国会前庭南地区にかつてあった霞関離宮のこと。ジョサイア・コンドルの設計により明治17年(1884年)に竣工した。明治29年(1896年)に宮内省の懇望により買い上げられ、以後「霞関離宮」と称した。