会津新藤五

会津新藤五(あいづしんとうご)  

短刀
銘 国光
名物 会津新藤五
8寸4分5厘(25.6cm)
国宝
小松安弘興産所蔵(ふくやま美術館寄託)

  • 享保名物帳所載

    会津新藤五 在銘八寸四分半 代二百枚 御物
    蒲生飛騨守氏郷殿所持、下野守殿迄伝る、出頭人森川半彌と云者に下さる、同苗勘解由取次にて利常卿金百枚に御求め、元禄十五年四月綱吉公御成の刻義弘三百枚の刀と共に上る。

  • 平造り、真の棟、鋩子小丸、反り深い。中心うぶ、目釘孔1個。国光の二字銘

由来  

  • 会津92万石を領していた蒲生氏郷が所持していたことによる。

来歴  

  • 蒲生氏郷が所持していたが、氏郷から秀行、忠郷と伝えられる。
  • 忠郷は10歳で藩主となったため、補佐の家臣森川半弥にこれを与えた。
    本阿弥家の「名物控」によると、本阿弥光栄が所持していたものを蒲生忠郷に売ったという。寛永4年(1627年)正月4日に忠郷が早世する際に、これで共せよとこの会津新藤五を渡したが、森川半弥は追い腹を斬れなかったともいう。

    福永酔剣「日本刀大百科事典」では陸奥新藤五の項にも同様の森川半弥経由の記載があるが、これは誤り。「陸奥新藤五」は太刀で伊達家伝来。こちらも現存。
  • 忠郷に嗣子がなく蒲生家は断絶となり、森川半弥も浪人となる。
  • それを同族の森川勘解由の取次で、前田利常が金百枚で購入する。
    「森川勘解由」は、森川氏俊の次男、森川正次(金太夫・勘解由)か。森川正次は、慶長2年(1597年)家康、小姓組。慶長7年に致仕し、蒲生秀行に仕える。のち前田利常家臣。寛永18年(1641年)60歳で没。森川正次の子に友次勘解由、次弘四郎右衛門あり、ともに前田利常に仕えている。
  • 前田家から本阿弥へ、二度(明暦3年、延宝8年)鑑定に出され、後の機会に百三十枚の折紙を出したという。
  • 元禄15年(1702年)4月に将軍綱吉が前田邸に御成の際、綱紀から代200枚で献上され、徳川将軍家に伝来。
    この時、備前長光太刀郷義弘の刀とともに代300枚で将軍家へ、代わりに綱吉から前田利常へは吉光が代350枚、正宗が渡っている。
  • 宝永4年(1707年)7月18日、綱吉が世子家宣の子、家千代(徳川家継の異母兄、早世)の誕生七夜を祝って贈っている。
    • 同年9月28日に早世したため将軍家に戻る。
  • 昭和8年(1933年)に旧国宝指定。徳川家達氏所蔵。
  • 終戦前に中島飛行機の中島喜代一氏が買い取った。その後、青山孝吉氏の手にわたった。
  • 昭和26年(1951年)6月9日に国宝指定。