今村長賀

今村長賀(いまむらちょうが)  

陸軍軍人、刀剣鑑定家

  • 本名は「長賀(ながよし)」だが、刀剣界では「ちょうが」と呼ばれる。
Table of Contents

生涯  

  • 1837年(天保8年)5月23日、高知藩士である父今村長修のもと土佐に生まれた。
  • 幼名は和助。通称和七郎。
  • 1868年(明治元年)、戊辰戦争に従軍する。
  • のち、中尉から始まり、1877年(明治10年)、陸軍一等主計(大尉相当官)となっている。
  • 東京に出た後、本阿弥成重に刀剣の鑑定を学び、やがてこの道の権威となる。
  • 1881年(明治14年)、宮内庁御用掛となる。
  • 1886年(明治19年)、東京九段に遊就館が開設されるとその取締となり、武器甲冑の整頓、鑑別を託された。
  • 1889年(明治22年)臨時全国宝物取調鑑査員となり東京および奈良の帝室博物館に陳列する刀剣の鑑定に従事したほか、全国有名寺社旧家の武器調査を行い、刀剣鑑定家としての名声をあげた。
  • 1897年(明治30年)からは帝室博物館の臨時監査掛となり、さらに内務省の古社寺保存会委員に任命される。
  • 1900年(明治33年)に刀剣会(後の中央刀剣会)が設立される際には発起人の中心人物として働いている。
  • この時、会員に刀剣の講義「剣話会」の主催も行っており、今村が古刀、別役が新刀を担当した。今村の死後、1912年(明治45年)にこの講義の模様が収録され出版されたのが「剣話録」である。
  • 1906年(明治39年)、宮内庁御刀剣係となる。

    宮内省御用掛被仰付(二月九日宮内省) 陸軍一等主計 今村長賀
     但奏任待遇

  • 1910年(明治43年)12月27日、東京麹町で死去、享年74。

刀剣  

  • 蒐集した刀剣は3000振りと言われている。その膨大なコレクションは、晩年に「所蔵刀を全部砥がせるためにはあと二十年の寿を保たねば完成せざるべし」と自ら述懐したほどであったという。
  • また各地で刀剣を鑑定した際に押形を採っており、これらは今村の死後、杉原祥造の手に渡った。1927年(昭和2年)に大阪刀剣会から「今村押形」として出版されている。
  • 後に中央刀剣界より刊行された「光山押形」および「埋忠押形」の底本は今村所蔵のものであり、今村の書き込みを各所に見ることができる。

正宗抹殺論  

  • 今村長賀で特筆されるのが「正宗不在説(正宗抹殺論)」である。
  • 現在ではすでに否定されているが、明治ごろの刀剣界で「岡崎五郎正宗が実在しないのではないか」という疑問を呈したのが今村であった。
  • 読売新聞が、明治29年7月30日から3回連載で、今村長賀と対談した話を掲載し騒然となった。この状況に対し、本間順治は「正宗に対する古来の絶対的の名誉を失墜せしめ、実に正宗にとっては名誉毀損を訴えねばならなぬこと」と述べたという。
  • その後3ヶ月に渡り、当時の刀剣界を代表する人物等による賛否両論を巻き起こした。
  • 詳細は「正宗」の項参照

新刀の評価  

  • 当時、本阿弥家では古刀に関しては第一人者ではあったものの、新刀に関しては虎徹と繁慶を当同然(二者のうち1つと鑑定しても当たりとする)と状態であった。
  • 今村は新刀に関しても研究を行い、近年新刀に関して語られる素地を作ったといえる。

参考  

剣話録附録所載押形