京極正宗

京極正宗(きょうごくまさむね)  

短刀
正宗(号 京極正宗)
7寸6分(23cm)
旧皇室御物
三の丸尚蔵館所蔵

由来  

  • 京極家所持にちなむ。

来歴  

  • 京極高次が、秀吉から贈られたものとされる。
  • 元和8年(1622年)9月に京極高知が死んだ際に、子の高広から将軍家に遺物として献上される。

    十二日丹後國宮津城主京極丹後守高知卒しければ。その子采女正高廣に遺領七萬八千二百石襲しめ。二子六丸高三に三萬五千石。三子主膳正高通に一萬石分たしめらる。高通實は朽木兵部少輔宣綱が二子にて。高知が養子となり。小姓をつとめ三千石給ひしかば。これより一萬三千石になる。高廣父が遺物正宗の刀を獻じ。大納言殿にしつ(志津)の脇差。御臺所へ茶壼。忠長卿へ行光の刀をさゝぐ。

  • 寛永元年(1624年)正月23日に水戸頼宣に下賜されている。

    中納言頼宣卿拝謁せらる、吉平の御太刀、松前貞宗の御刀、京極正宗の御脇差、銀三千枚、八丈縞三百端、生絹五十反、小袖二百給ふ

  • 皇室御物であったが、昭和天皇崩御後に国庫移管された。




樋口正宗(ひのくちまさむね)  

  • 日本刀大百科事典では、同じく秀吉から贈られた「樋口正宗(ひのくちまさむね)」と同一とする。
  • もとは堺の樋口屋という商人所持。
  • 京極家に伝わる。
  • 明暦の大火で将軍家所蔵の刀が焼けたため、諸侯の名刀を召し上げる事となる。京極家ではそれを避けるため、本刀を無いことにした。
  • 享保17年ににっかり青江を吉宗の台覧に供した時にも、この短刀は見せていない。
  • 大正8年(1919年)4月27日、華族会館においてようやく公開し、その後皇室に献上。宮内庁保管となるとする。一方で元和8年(1622年)9月に遺物として献上されその後水戸家に渡っており、真贋はさておくとして2つ存在したことになる。
  • なお「樋口藤四郎」についても同様に、樋口屋から石田三成を経て京極家に伝わる。