二筋樋貞宗

二筋樋貞宗(ふたすじひさだむね)  


無銘 貞宗
名物 二筋樋貞宗
刃長二尺三寸一分五厘
重要文化財
個人蔵

  • 真の棟、佩き表の中心に梵字と草の剣巻き竜。裏の中心に梵字と棒樋。
  • 鎺下から上には表裏とも二筋樋。鋩子も浅く灣れ込み、小さな地蔵風になり返りはやや深い。
  • 中心は大磨上無銘、目釘孔2個。中心先は切り。

由来  

  • 二筋樋があることからの号。
  • また豊臣秀吉所蔵から「大坂貞宗」とも。「二筋樋大坂貞宗

来歴  

  • もとは豊臣秀吉の収蔵品であり、大坂御物と呼ばれる。
  • のち結城秀康が拝領する。
  • 享保名物帳では、結城秀康の曾孫である作州津山藩主松平宣富の名前で所載。
    結城秀康─┬松平忠直──松平光長━┯━松平宣富(松平直矩の三男)
         ├松平忠昌       │
         ├松平直政       │
         ├松平直基──松平直矩─┘
         └松平直良
  • 戦後に同家を出る。
  • 昭和28年(1953年)11月14日に重要文化財指定を受ける。


二筋樋(ふたすじひ / にすじひ)  

  • 同じ太さの樋を二本、刀身の上部から棟区近辺まで掻き通したものを二筋樋と称する。
  • 刀身に施された樋(血流し)は、刀身の重量を軽減し曲がりにくくすることで構造上の強度を高める為だけでなく、信仰の対象を表現したものとしても重要な意味を持っており、特に二筋樋は護摩箸(ごまはし、不動明王の化身)を意図する。