二筋樋正宗

二筋樋正宗(ふたすじひまさむね)  

短刀
相州正宗極め
刃長八寸四分五厘

  • 正宗極めの短刀。
  • 享保名物帳焼失(ヤケ)

    二筋樋正宗 無銘長八寸四分半 代金二百枚 御物
    表裏二筋樋有之のだれ刃山名弾正所持なり

  • 九寸一分とする異説もある。
  • 二百枚または三百枚の折紙。二筋樋。のたれ刃。

由来  

  • 刀身にある二筋樋にちなむ。

来歴  

  • もと山名弾正所持。
  • この「弾正」は、山名宗全(持豊)の嫡男である山名弾正少弼教豊とされる。
    山名教豊は、応仁元年(1467年)9月9日父に先立って陣没。享年44。父が一旦当主に復帰した後に、家督を嫡男(弟とも)の政豊が継いだ。
  • いつごろからか、徳川将軍家に伝来した。
  • 明暦の大火で焼けたとされる。