乾雲坤龍

乾雲坤龍(けんうんこんりゅう)  

関の孫六
乾雲(けんうん)」と「坤龍(こんりゅう)」の二刀を指す

  • 「姓は丹下、名は左膳」で有名な隻眼隻腕の剣客、丹下左膳が所持している二振りの名刀。林不忘の時代小説「青空文庫:丹下左膳-乾雲坤竜の巻」に登場する。

    関の孫六の作に、大小二口の稀代の業物がある。ともに陣太刀作りで、鞘は平糸巻き、赤銅の柄に刀には村雲、脇差には上り竜の彫り物があるというところから、大を乾雲丸(けんうんまる)、小を坤竜丸(こんりゅうまる)と呼んでいるのだが、この一対の名刀は小野塚家伝来の宝物で、諸国の大名が黄金を山と積んでも、鉄斎老人いっかな手放そうとはしない。

  • 「乾雲」と「坤龍」は二刀揃って始めて名刀足りえるという。しかも、それぞれの刀の持ち主は戦う宿命にあり、過去の例では斬られる側は決まって乾雲の持ち主という。

    二つの刀が同じ場所に納まっているあいだは無事だが、一朝乾雲と坤竜が所を異にすると、凶の札をめくったも同然で、たちまちそこに何人かの血を見、波瀾万丈、恐ろしい渦を巻き起こさずにはおかないというのだ。

  • 丹下左膳は、片目と引き換えに「乾雲」を入手する。


関の孫六