乱れ髪

乱れ髪(みだれがみ)  

脇差
無銘 一文字
刃長一尺五寸四分
厳島神社所蔵

  • 無銘ながら一文字の作とされる。
  • 菖蒲造。
  • 戦国期の小刀の拵が附く。柄は金の打ち出し鮫、目貫は金無垢の竜、柄糸は茶色で平巻き。

由来  

  • 不明

来歴  

大内氏  

厳島神社  

  • 弘治3年(1557年)に大内氏を滅ぼした毛利元就の子、毛利隆元がこの五名剣を手に入れる。しかし、隆元はこれを厳島神社に奉納している。

    山口滅亡ノ時吉田ヘオクリシカバ、毛利隆元コレヲ見タマヒ、予ハ義隆ノ扶持ヲ以テヒトゝナレゝバカノ家ノ宝物ミダリニ取ヲサムベキニアラズ、シカシ大明神ニアズケマイラセンニハトテ当社へ納メタマヒケリ

  • 噂を聞いた足利義輝から、ぜひともそれらを見たいという内意が伝えられ、一度は断るがしきりに催促されたため仕方なく「乱髪」を京都に贈ったという。その後、上野民部大輔が「乱髪」を持ってきて「荒波」と交換してくれといい、これも断りきれず今度は「荒波」を持たせて帰したという。
    一説には最初に「荒波」と「乱髪」の2口を持って帰り、後に「乱髪」だけを戻したともいう。いずれにしろ「荒波」は足利家に移り、「乱髪」が厳島に返された。その後永禄6年(1563年)頃に荒波も一時的に戻っている。
  • この「乱れ髪」は厳島神社に残るが、「大内家五名剣」のうち残りの「千鳥一文字」は天正15年(1587年)に秀吉に献上、「荒波一文字」は慶長5年(1600年)に家康に献上している。
  • さらに天保13年(1842年)刊行の「厳島図会」の時点で、この乱れ髪以外は行方不明となっている。

    荒波ハサラニモイハス、千鳥、小林、菊作ノ三口モイマ宝庫ニ見エサルハ、イツウセタルニカ惜ムヘキノキハマリナリケリ