九鬼正宗

九鬼正宗(くきまさむね)  

短刀
無銘正宗名物九鬼正宗)
八寸二分(24.8cm)
国宝
林原美術館所蔵

  • 享保名物帳に所載

    九鬼正宗 八寸一分五厘
    表裏棒樋、九鬼長門守殿所持、家康公へ上る、紀伊殿へ御譲り

  • やや内反り。裏に腰樋掻き流し。中心うぶ無銘、目釘孔2つ。

由来  

  • 号は九鬼嘉隆の子・九鬼長門守守隆の所持にちなむ。

来歴  

  • はじめ小早川隆景所持。
  • 九鬼嘉隆の子、五朗八(長門守守隆の弟)は能の上手で、慶長のはじめに伏見城で踊ったのを賞してこの短刀を拝領したという。このときは正宗に極められていなかった。
  • 関ヶ原の戦いで、五朗八は父九鬼嘉隆とともに西軍につき敗北、慶長5年(1600年)10月13日に自害する。短刀は兄の守隆に伝わる。
  • その後守隆が本阿弥に鑑定に出すと相州正宗と極まり、三百枚の折紙が付いた。よほど嬉しかったのか、埋忠寿斎に鎺を造らせている。

    うめたゞ 寿斎 彦一入

  • 同時に押形もとっている

    竹中伊豆殿 九鬼長門殿 寿斎かなく仕候

    竹中伊豆とは豊後国後高田の竹中重利。この刀では竹中は関係なく、写す際に誤って次に載せている刀の説明を入れたものらしい。

  • 守隆から徳川家康に献上され、紀州徳川家徳川頼宣を経て伊予西条松平家の所蔵となる。
    伊勢山田の松木修理政彦の子で、母が九鬼嘉隆の妹であったために九鬼姓を名乗った九鬼四郎兵衛(広隆)という人物がいる。後に、息子の九鬼豊隆が「九鬼四郎兵衛働之覚」を表し名を残した。
     九鬼四郎兵衛は、織田信孝、桑山正晴、池田長吉、加藤清正と仕え、朝鮮の役で勲功を立てるが恩賞が少なかったために同家を出る。加藤家では重用され、愛用の「清正公長烏帽子形兜」を拝領したという。のち黒田長政、小早川秀秋、藤堂高虎と仕え大坂夏の陣では御旗奉行。のち紀州徳川家の徳川頼宣に千石で召し抱えられている。長烏帽子形兜はこの紀州家に伝わり、昭和8年の同家の売立にて徳川義親が金一萬圓(現在の価値で約1億円)で買い取り、現在は徳川美術館所蔵。
     この「清正公長烏帽子兜」と、本刀九鬼正宗は同様に九鬼家から紀州徳川家に伝わっており、詳細は不明ながら九鬼四郎兵衛を経由した可能性がある。
  • 昭和のはじめに重要美術品指定。松平頼和子爵所持。
  • 昭和32年(1957年)2月19日国宝指定。